楽天モバイル(4G)の速度測定 12月前半編:前回と大きな変化はないものの15時台と16時台は遅めの結果に

楽天モバイルの速度測定、12月前半編です。筆者はスマホや自作PCを趣味としているため、秋葉原に足をはこぶ機会がおおく、そのついでも兼ねて速度測定をしています。

今回の平均値はダウンロードが22.26Mbpsでアップロードが40.03Mbpsと、前回と誤差の範囲ではありますが、やや速めな結果に。詳しい条件や速度は先にまとめてあります。気になる方はそちらからご確認ください。

測定方法

日時:2020年12月8日(12:30から18:30まで1時間おきに測定)
場所:東京都千代田区外神田 秋葉原駅周辺(楽天自社回線エリア内)
測定アプリ:SPEEDCHECK
使用端末:Xiaomi Mi 10 Pro
測定方法:速度測定アプリのスケジュール機能を用いて、ぞれの時間に各1回ずつ測定し、平均値を出す。(測定アプリがバックグラウンドで動作しているため、測定時間はやや前後することがあります)

測定端末について

Xiaomi Mi 10 Proは(Band18,26)に非対応です。なにかの間違いで自社回線外に切りかわる心配がありません。安心して速度測定をおこなうことができます。

測定位置に関して

基本的に測定する場所は同一にしていますが、不都合にて既定の場所へたどり着けない場合を考慮し、秋葉原駅周辺としています。

測定結果 – 平均値は前回と遜色なく、通常利用であれば困らない

測定結果は以下のとおりでした。

時刻 ダウンロード アップロード
12:30 22.18Mbps 32.03Mbps
13:30 44.28Mbps 40.32Mbps
14:30 30.36Mbps 39.12Mbps
15:30 3.57Mbps 50.96Mbps
16:30 4.34Mbps 34.47Mbps
17:30 18.18Mbps 42.06Mbps
18:30 32.89Mbps 41.25Mbps
平均値 22.26Mbps 40.03Mbps

時差出勤やテレワークの影響?それとも休憩時間を設けているところもあるからでしょうか、15時から16時の間は速度が一桁、それも5Mbpsを切る速度と、この時間帯にしては遅めでした。逆に、17時や18時にはそこそこ速く、SNSやブラウジングの用途であれば困らない水準になっています。

最近は他社の格安SIMでも遜色ない速度がでますが、楽天モバイルはデータ使用量無制限ですから、そういったところは強みかもしれません。実店舗があるのも大きいですからね。

ahamoとの比較について

先日発表されたdocomoの新プラン、「ahamo」と「Rakuten UN-LIMIT V」は月額料金が近いため、比較されている方も一定数いるはずです。

前述のように、楽天モバイルは実店舗を構えていたり、データ使用量が無制限なところもあって、回線を契約する難易度は低い部類に入ります。ただし、対象エリアが弱点になるユーザーも存在するため、そこらへんの問題をクリアしていないのであれば、楽天モバイルは契約する意味が薄いです。

とはいっても、1年間は月額料金がかかりませんから、試験的に使ってみるのはアリかもしれません。

楽天モバイル
公式サイトはこちら >

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
AOSPベースのROMがすきです。Oxygen OSとHavoc OSがお気に入り。
⇨CloNisの記事一覧