orefolder的に2020年を振り返る-スマホ/格安SIM/ホーム画面カスタマイズ

2020年も残りわずかです。というわけで、この1年間を振り返ってみたいと思います。世間的には新型コロナウイルスで生活が一変した歴史に残る1年になってしまいました。もともと在宅で作業してる引きこもり気味の私自身はそこまで変わってませんが、周りが変われば影響も大きいです。そういうのも含めて、あまり良い1年にできたとは言い難いですね。

それでは、このサイトで主に扱っている「スマホ」「格安SIM」「ホーム画面カスタマイズ」の3つの視点で2020年を振り返ってみます。

完成度を高めたスマホ

ここ数年のスマホの動き(トレンド)をざっくり見ると、2017年に画面サイズが16:9から縦に伸び始め、2018年はノッチが隆盛、2019年はノッチに変わるものを模索した年でした。そして2020年はノッチからパンチホールへとトレンドは移り、2019年に出たものがより完成度を高めたものになった年だったのではないでしょうか。

まぁまだノッチありのスマホはありますが、何となくすでに古臭く見えてきます。というかなんだか久しぶりに「ノッチ」と書いた気がします。

全体的に価格は上がり続け、10万円超えるのももう驚きません。安い端末ももちろんあるのですが、ちゃんとしたものを使いたければ、やはり5-6万円以上のミドルレンジかそれ以上にしたほうが良さそうでした。

コストパフォーマンス的にはXiaomiのRedmi Note 9Sが話題でした。安いのにちゃんと使えて、しかもgoo Simseller(OCNモバイルONE)などではSIMとセットでかなり安く手に入りました。

高いスマホではGalaxy Z Fold2やGalaxy Z Flipが印象的でした。とは言ってもじつは実物を見たことがありません。見たら欲しくなしそうですし。いや、欲しいんですけど。ちょっと予算が…。

個人的には、端末購入としてはいまいちパッとしない1年でした。Redmi Note 9Sは買いましたし良いスマホだとは思うのですが、XiaomiのMIUIは微妙に私には合わないんですよね。Pixel 4aとPixel 5も良いけど最高ではない、ZenFone 7はとりあえず買ったけどほとんど使ってない。

うーん…。2021年は「これは最高!」「買ってよかった」と言えるスマホを手に入れたいですね。

だんだん厳しくなる格安SIM

格安SIMについては、毎月2回の速度測定を行っていますが、4月頃の緊急事態宣言のころは本当にみんなが外に出てなかったからか、どの格安SIMも速度が上がっていたのが興味深かったですね。

格安SIM…とはちょっと違いますがMNOとしての楽天モバイルがついに正式サービス開始。開始当初から様々な話題を振りまいてくれました。12月末には200万回線突破ということで、1年無料の300万名の締切も(おぼろげながら)見えてきたというところでしょうか。

その一方、大臣からの声によりまたキャリアの料金プランに変化が出てきました。一番の衝撃はやはりドコモのahamoでしょう。まだ実際に始まるのは先の話ですが、これの登場によって他のキャリアも対抗プランを出したり、格安SIMにも影響が出てきそうです。

もともと格安SIMは母体がちゃんと稼いで体力がないと難しい薄利な分野だったと思うのですが、2021年は更に厳しくなるんじゃないかと思います。生き残れないところも出てくるかもしれませんねぇ。

ホーム画面カスタマイズ

今年はけっきょく作ったホーム画面は1つだけ…?なんとなくこれで満足してしまってるのが良くないですね。

サイトとしては、3月にコンテスト、11月に10周年企画で2回の「ホーム画面募集企画」を行えました。3月は新型コロナウイルスの影響でお家時間が増えて、その時間の楽しみの1つとなれば、という思いもありました。まさかここまで続くとは思いませんでした…。

自身のホーム画面はあまり作れませんでしたが、KLWPのテーマ集としてのアプリ第2弾をリリースできました。昨年のまとめで「作りたい」と書いてあったことが(年末になってしまいましたが)達成できたのは良かったです。できれば2021年もまた1つくらいテーマパックを出したいですね。

サイト運営はピンチ

OREFOLDERのサイトとしては、11月にまる10年を迎えました。めでたい。

ですが、その内容としては実はかなりピンチだったりします。8月ころからDiscoverに載る回数が減り、10月くらいから一切載らなくなり、pvも下がり続け、収益も10月から一気に落ちました。

昨年は10月くらいから収益が上がり始め、そのお金が実際に入ってきたのが12月からでした。なので、2020年も前半くらいまでは世間がコロナ禍で厳しくなっているときに前年よりも売上が良かったのですが、それも前半だけ。最終的に12月は前年の半分以下となりました。

8月にサイトの構成を少し整理したのですが、これが良くなかったのか何なのか。その後もいろいろダメそうな部分を改善していったのですが、どれも効果はなくpvも収益も下がりっぱなしです。

会社勤めではなく、このサイトを専業でやっているので仕事とプライベートの境がありません。PCで作業してる時間は1日10-12時間くらいでしょうか。土日の休みも関係ありません。これを時給に直すと…やめておきましょう。20年前に初めてバイトしたときに時給700円で5時間とかでしたが、今思うと5時間働くだけで3,500円ももらえるなんて凄えな…と思います。

昨年も書いたのですが、一応「月の収入が◯万円まで下がったらもう1ヶ月頑張って、持ち直さなかったら別の仕事を探そう」と思ってました。11月と12月は下回ってます。10周年だったのに…。OREFOLDER、11周年は迎えられるかわかりません…。でも、じゃあ働くか、と思ったときに何をすればいいのかわからず、果たして自分がまともな仕事で働けるのか、不安しかありません。やばい。

もう、なにをどうしたらいいのか、わからないよ…。

いやいやいや、だめだだめだだめだダメです。こんな愚痴ばかり言っててはダメです。そんな愚痴ばかりのところに人が集まってくるはずがない。もっとこう、陽気で儲かってますオーラ出していかないと。

icon-orefolder

儲かってま~す!げへへ
2021年もガンガン行くぜぇ!

まとめ

200年は前半は調子良かった気がしたものの、中盤からほころびが見え始め、後半はなんとか抗おうとする日々でした。2021年は、なんとか光を見つけ出してもっと明るい年にしたいと思います。

がんばるぞー!

2020年はOREFOLDERをご覧いただきありがとうございました。2021年もまた、よろしくお願いします。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧