日本通信SIMの新プラン「合理的20GBプラン(今は16GB)」が申込受付開始!月額1980円

日本通信は12月10日、新プラン「合理的20GBプラン」の受付を開始しました。ドコモのahamo対抗のプランで、16GBのデータ量に70分/月の通話料金を含めて月額1,980円、ahamoのサービス開始日よりデータ量が20GBに増量されるプランです。

ahamo対抗の新プラン

合理的20GBプランはドコモの新プランahamoに対抗して作られたプランです。基本のデータ容量は16GBで、ahamoのサービス開始日に20GBに増量されます。そのデータ容量を超えた場合は1GBあたり250円で使った分だけの料金が自動適用される「おかわり課金方式」を採用します。なお、おかわりの上限は自分で設定可能です。(上限30GB)

データ容量の上限は自分で決められるので、勝手に月額料金が増えていくことはありません。月のデータ容量を超過すると低速通信となります。この低速時の速度は(これまでの日本通信SIMの他プランも含めて)公表されていません。Twitterでの回答によれば「webページはゆっくり表示されますが、動画の再生は難しい」とのこと。

通話は「70分/月の国内通話」がかけ放題となります。これを超えた場合は30秒あたり10円の通話料がかかります。ahamoは5分以内の通話がかけ放題となりますが、SSDプランでは1回の通話で時間を気にすることはあまりありません。

日本通信SIMブランドの3つのプラン

日本通信SIMはb-mobileに続く日本通信の格安SIMブランドの1つです。アプリ等を使わずに完全かけ放題のある「合理的かけほプラン」、健康アプリFiNC Plusの利用を含む「Wスマートプラン」があり、これに「合理的20GBプラン」が追加されます。3つのプランの簡単な比較は以下の通り。

合理的20GBプラン 合理的かけほプラン Wスマートプラン
月額料金 1,980円 2,480円 1,580円
データ通信量 16GB(のちに20GB) 3GB 3GB
国内通話料 無料通話70分
70分以降:30秒あたり10円
かけ放題 無料通話70分
70分以降:30秒あたり10円
  • ※どのプランも、データ容量を超過後は1GBあたり250円で段階的に料金が上がっていきます。(上限は30GBで、そこまでなら自分でも設定可能)

icon-orefolder

日本通信SIMはb-mobileとは速度もまた違うという話ですし、低速時の速度も気になったので申し込んでみました。個人的には16GBも要らないんですけどね。
申し込み開始直後はかなりサイトが重くてマイページに入れませんでした。注目されてますね。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧