3月~10月に契約したメインの通信サービス、新規・MNP先は楽天モバイルがトップ!?【MMD研究所調査】

スポンサーリンク

MMD研究所は12月3日、「2020年通信乗り換えに関する実態調査」の調査結果を公開しました。この調査は全国の15~69歳の男女20,000人を対象に2020年11月2日~11月5日の期間で行われたものです。また、今回はコロナ禍における通信サービスの流動性を調べるため、2020年3月~10月の実態がまとめられています。

3月から10月にメインを契約したのは10.5%

まず、メインで利用しているスマートフォンを契約している通信サービスはあるか聞いたところ、99.0%(19,594人)が契約している通信サービスがあると回答しました。

その人たちに、メインで利用しているスマートフォンを契約した時期について聞いたところ、「2020年2月以前」は77.6%、「2020年3月~10月」は10.5%(2,056人)となりました。

3月から10月にメインで契約したのは楽天モバイルがトップ

2020年3月~10月にメインで利用しているスマートフォンを契約した2,056人を対象に、契約している通信サービスを聞いたところ、「楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)」が21.3%と最も多く、次に「docomo」が14.3%、「Y!mobile」が13.3%となりました。

10位に楽天モバイル(MVNO)が1.6%で入ってるのが微妙に気になりますね。楽天モバイル(MVNO)は2020年4月7日に新規受付を終了しています。なので約1ヶ月での数字ということです。最後の駆け込み的なものでしょうけど。

2020年3月~10月に契約したその契約方法を聞いた設問では、「MNP」が47.4%と最も多く、次に「新規契約」が39.7%、「移行」が8.4%となりました。行こうというのはつまり楽天モバイルMVNOからRakuten UN-LIMITということでしょう。

2020年3月~10月に契約した人に以前の状況を聞いた設問では、「未契約」が21.1%と最も多く、次に「SoftBank」が14.4%、「楽天モバイル(MVNO)」が13.8%となりました。

先の質問の新規契約が39.7%でこちらの質問の未契約が21.1%というのは、つまり以前のところを(MNPではなく)解約して新規契約したということでしょう。

2020年3月~10月に契約した人にメインで利用している端末を聞いたところ、「Android」が51.3%、「iPhone」が48.7%となりました。


MMD研究所の調査ではここに掲載した以外の結果も掲載されています。興味ある方はそちらもチェックしてください。

参考情報

タイトルとURLをコピーしました