ドコモ、ギガライトのデータ量を上限1GBに設定できる「ギガプラン上限設定オプション」を3月より提供開始

NTTドコモは12月9日、段階製の料金プランである「5Gギガライト」「ギガライト」にて、データ量の上限をステップ1(1GB)に設定することができる「ギガライト上限設定オプション」を2021年3月1日より提供開始すると発表しました。

2021年2月18日より受付開始します。(申込みの翌月から適用されます。)

段階製のプランを最小ステップで制限

「5Gギガライト」および「ギガライト」は、使用したデータ量に応じて段階的に料金が上がっていくプランです。「ギガプラン上限設定オプション」を設定するとその上限が最初のステップである1GBとなり、それを超過すると速度制限がかかるようになります。

ステップ1(1GB)を超えた通信が発生しないため、ついうっかり通信してしまって料金が跳ね上がることを防げます。また、「ドコモのロング学割」を適用中の場合は、「+2GB特典」により、ステップ1(1GB)を上限とした利用でも、22歳まで3GBのデータ量を利用できます。

上図は「dカードお支払割」「みんなドコモ割(3回線以上)」および「ドコモ光セット割」を適用した場合の月額料金であり、割引がなにもない場合の料金はステップ1(1GB)で3,150円です。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧