ドコモ、世界初のsub6周波数帯による5Gキャリアアグリゲーションを提供開始

スポンサーリンク

NTTドコモとクアルコムは12月7日、sub6と呼ばれる3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数を束ねるキャリアアグリゲーション(sub6-CA)を世界で初めて提供開始しました。これにより、5Gで日本国内最速の下り最大4.2Gbpsの高速通信を実現します。

sub6-CAはクアルコムの「Snapdragon 865」と「Snapdragon X55 5G モデム-RFシステム」を搭載している端末で利用できます。3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数帯でそれぞれ100MHzの帯域幅を束ねることで、5Gの高速通信を可能にします。

ドコモでは2020年9月からミリ波(28GHz帯)を利用した5Gも開始しており、それにsub6-CAを追加して下り最大4Gbpsを超える高速通信が可能なエリアを展開していきます。

sub6-CA対応機種

  • Xperia 5 II SO-52A
  • Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A(2020年12月対応予定)
  • Wi-Fi STATION SH-52A(2020年度冬以降対応予定)

参考情報

タイトルとURLをコピーしました