2020年に買ったスマホとその総額、ベストバイとワーストバイ、反省と来年へ向けて

2020年に私、orefolderが購入したスマホ等をまとめてみました。だいたいの総額も合わせて。…とは言っても、実はまだ届いてないスマホもあるのですが、一応今年中に届くと見込んでの計算です。

まぁ、今年はまとめるほどたくさん買ってはいないのですが…。

2020年に購入したスマートフォンとその値段

適当に数字を丸めているので正確ではありませんが、以下のようになりました。

2020年2月 Rakuten Mini 25,000円
2020年5月 moto g8 25,800円
2020年6月 Redmi Note 9S 30,000円
P40 lite 5G 40,000円
2020年7月 Atom L 18,000円
2020年8月 Pixel 4a 42,900円
2020年9月 AQUOS zero2 33,000円
2020年10月 Pixel 5 74,800円
ZenFone 7 94,380円
2020年12月? Jelly 2 15,800円

合計10台 399,680

昨年は13台518,700円だったので、それに比べるとかなり減りました。なんだか「欲しい!」と思えるようなスマホがあまりなかったり、多少欲しいと思っても価格を見るとその気も消え失せてしまったりでした。

それに加え、今年はコロナ禍もあり、とくに10月以降はかなり収入が減ってしまったので今までだったら買ってたスマホも我慢してしまいました。去年まではだいたい月に1台ペースだったんですけどね。

予算的には、昨年に続き40万円で売却した場合はそれを予算にプラス、という方針でした。終盤の買い控えがあったので購入金額だけでちょうど予算内に収まりましたね。わお。ちなみに、購入した端末のうちP40 lite 5Gはすぐに売却してしまい、AQUOS zero2はスマホ買い替えたいと言っていた母親にあげてしまいました。

スマートバンドなどの購入金額

2020年はタブレットは買いませんでしたが、スマホ以外にスマートバンドを3つ、スマートスピーカーを1つ、VR機器を2つ買ってます。

2020年1月 Oculus Quest 50,722円
2020年4月 Fire TV Stick 4K 6,980円
2020年5月 Redmi Band 3,300円
Amazfit X 16,600円
2020年7月 Echo Dot 1,280円
Mi Band 5 5,000円
2020年10月 Oculus Quest 2 49,280円

こちらは合計133,162円でしたね。…合計すれば去年と同じくらい買ってる…?

2020年に購入したスマートフォンの思い出

今年購入したスマホについて、今の気持ちを少しずつ書いてみます。

Rakuten Mini

楽天モバイルMNOは端末セットではなく回線のみで契約してしまい、Rakuten Miniに関しても一般販売前にフリマアプリで手に入れました。その後1円になってしまったので、本当に、「初めて契約するときのみの特典」だとかそういうものを逃してしまったなぁ、と。

端末自体は面白いですね。未だに壁紙は変更できませんけど。持ったときのおもちゃ感は好きです。

moto g8

レビューでも書きましたが、サブとして持つなら別に良いんですけど、うーん…。可もなく不可もなく?

Redmi Note 9S

2020年のコスパモンスターですね。とても良い端末だと思います。デカくてごついという印象ですね。ガッチリしてるという点では良いポイントでもあります。私の場合はメインにはできないのですが、家においておくサブとしては安心感あります。稼働率は高くないのですが、買ってよかったと思える端末でした。

P40 lite 5G

私には合わなかったですねぇ…。GMSがないとかそれ以前に。とりあえずレビュー書いたあとにすぐ売ってしまいました。

Atom L

ごつい。何なのこの厚み!小さい利点が潰れてるじゃない!っていうくらいにインパクトありますね。昨年のTitanもそうでしたけど、Unihertzのスマホは本当にインパクトあります。レビュー記事を見返しても、外での写真映えはするんだよなぁ、と。

Pixel 4a

そういえばレビュー書いてないですね。書かないうちにPixel 5も発売されてしまってタイミング逃しました。今でも時々起動するとけっこう悪くないなぁ、と良い印象はあるんですが、やっぱりタイミング悪かったですね。もうちょっと使ってあげなきゃな、と思ってます。

AQUOS zero2

ソフトバンクで超安くなってる!と聞いて衝動的に買いに行ったスマホです。すっごく軽いのと、しっかり画面が黒だったのが印象的でした。なんだかんだでしっかりと使う前に親にあげてしまいました。

Pixel 5

今のメインスマホです。カメラのシャッター音が大きかったりSwarmでもチェックインの音がやたら大きくてそれは嫌なんですが、まぁ慣れました。Pixel 4に戻そうかとも何度も思ったのですが、この軽さはやっぱり良いなぁ、と。背面も気に入ってます。

ZenFone 7

持ったときの印象がRedmi Note 9Sと似ています。デカい。レビュー自体は他のライターに任せたので楽だわーなんて思ってたらあまり使い込まないという結果になってしまいました。悪くない、良い端末だとは思うのですが、いまいち使ってません。特徴的なカメラも、ほとんど使ってません…。なんで買った…と言われそうです…。

Jelly 2

まだ届いてません。クリスマスまでに届くんでしょうか…?ネタとしては期待してるし、面白い端末になると思ってはいるのですが、メインにするつもりもなかったり。おもちゃ的な面白さを期待してます。

ベストバイとワーストバイ

うーん…振り返ってみても、今年はなんというか、これ!というものがありません。悪くないけど、悪くないけどそこまで心惹かれたものや使ってみたらかなり良かったというものがありません。Redmi Note 9Sはそれに近いくらいなんですけど。

なんとなくで購入してしまってばかりだったかな、と反省してます。ただ、これを打破してくれそうな端末って、もうGalaxyのフォルダブルなのくらいかな?なんて思ったり、いや別に折りたたんでもなぁ、と思ったり。

うーん、やっぱりいまいち不完全燃焼といった感じですね。

逆にワーストバイとして挙げるならP40 lite 5Gですね。私には合わなかった。たぶんもうファーウェイのスマホを買うことはないと思います。

2021年に向けて

どうにも2020年は不完全燃焼でした。2021年はもっとこう、興奮できるスマホを手に入れたいですね。そしてそれを楽しめる心を取り戻したいと思います。まぁ、それには先立つものが必要なんですけど…。

たくさんスマホ買えるように頑張りたいですね。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧