ドコモ新料金プランahamoをUQ mobile・Y!mobileと比較!格安SIMの大容量プランは大打撃か

ドコモの新料金プランahamoアハモが発表されました。データ容量20GBで5分かけ放題が付いて2,980円と、かなりインパクトのあるプランです。

これに競合するものは他キャリアのメインブランドというよりはサブブランドだと思いますので、それぞれ軽く比較してみました。基本的にドコモのahamo、UQ mobile、Y!mobileで比較します。

一番安いプランで比較

まずは価格重視ということで、それぞれの一番安いプランと比較してみます。(基本的に税抜価格です。)

docomo
ahamo
UQ mobile
スマホプランS
Y!mobile
スマホベーシックプランS
月額料金 2,980円 1,980円※1 2,680円※3
データ容量 20GB 3GB※2 3GB※4
超過時の速度 1Mbps 300kbps 300kbps
かけ放題 5分かけ放題込み
無制限はオプション1000円
10分かけ放題700円
60分かけ放題500円
無制限1700円
10分かけ放題込み
無制限はオプション1000円
事務手数料 0円 3,000円 3,000円※5
  • ※1 家族割で2台目以降は1,480円
  • ※2 通話オプション加入+auID登録で13ヶ月プラス1GBで4GB
  • ※3 新規割で6ヶ月間700円引き
  • ※4 データ増量無料キャンペーン2で1年間プラス1GBで4GB
  • ※5 オンラインストアなら無料

価格だけを見ると、UQ mobileは1,980円なのでかけ放題がいらずデータ通信も3GBで十分な人はそのままが良いでしょう。Y!mobileは300円安くてかけ放題が10分というのが勝ってますが、それとデータ容量の差として許容できるかどうか…。

大容量プランで比較

次に、それぞれの一番大容量のプラン…というか、今回の総務大臣からなにやら言われた結果生まれたプラン同士で比較してみます。(基本的に税抜価格です。)
(UQ mobileのスマホプランVは2021年2月以降、Y!mobileのシンプル20は2020年12月下旬開始予定です。)

docomo
ahamo
UQ mobile
スマホプランV
Y!mobile
シンプル20
月額料金 2,980円 3,980円※6 4,480円
データ容量 20GB 20GB 20GB
超過時の速度 1Mbps 1Mbps 1Mbps
かけ放題 5分かけ放題込み
無制限はオプション1000円
10分かけ放題700円
60分かけ放題500円
無制限1700円
10分かけ放題込み
無制限はオプション1000円
事務手数料 0円 3,000円 3,000円※7
  • ※6 家族割で2台目以降は3,480円
  • ※7 オンラインストアなら無料

同じ時期に発表されたUQ mobileとY!mobileのプランは競合と言える似た価格ですが、docomoの2,980円はかなり安いです。同じ20GBという点で見ると、UQ mobileとY!mobileに勝ち目はないので、これは対抗のために何かしら手を打ってくるのでは…と思いますが、どうでしょう。

格安SIMと20GBで比較

その他の格安SIMとドコモでは同じ価格で同じデータ容量を使えたとしてもサポートや通信速度で大きな違いがありますが、同じ20GB(程度)で比べたときに価格面でも今回のahamoのヤバさがわかります。

月額料金 データ容量
ahamo 2,980円 20GB
mineo(A) 4,590円 20GB
OCNモバイルONE 4,400円 20GB
LINEモバイル 3,200円 12GB
BIGLOBEモバイル 5,200円 20GB
IIJmio 3,260円 12GB
イオンモバイル 3,980円 20GB
nuroモバイル(D) 3,400円 13GB

…はい。

これは、もう格安SIMの大容量プランは終わってしまうんじゃないでしょうか。今までも格安SIMは大容量になると金額的なお得感はなくなっていきましたが、ahamoでとどめを刺されるんじゃないでしょうか。

もともと格安SIMは3GBで音声付き2,000円以下程度のプランが一番多いようですから、そのあたりではすぐに影響は出ないと思いますが、大容量では一気にユーザーの移動が起きる可能性があります。そうすると低容量プランの価格やサービスにも影響が出てくるかもしれません。

楽天モバイルと比較

最後に楽天モバイルと比較してみます。

docomo
ahamo
楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT V
月額料金 2,980円 2,980円※8
データ容量 20GB 無制限※9※10
超過時の速度 1Mbps ※10
かけ放題 5分かけ放題込み
無制限はオプション1000円
アプリ利用で無制限
事務手数料 0円 0円
手続き オンラインのみ オンライン・店舗
  • ※8 300万名まで1年無料
  • ※9 楽天エリア外(パートナー回線)は5GB
  • ※10 1日10GB以上使うと速度制限

これだけ見るとなかなか対抗してるように見えますね。ahamoのライバルはRakuten UN-LIMIT Vだ!

…。

今の楽天モバイルのエリアの状況、サポートの充実さなどを考えると、同じ月額料金ならahamoの圧勝でしょうね…。楽天モバイルは300万名まで1年間無料というキャンペーンを開催中です。これのおかげで価格面での優位は(1年間は)あるのですが、それだけとも言えます。

ahamoは2021年3月に開始予定です。そして楽天モバイルは2020年4月から本格開始したので、最初期に申し込んだ人たちの1年無料が終わるのと同じくらいです。もともと楽天モバイルは1年無料が終わったら大量離脱があるのではないかと言われてきましたが、そういった「メインは別だけど無料だからお試しで使っていた」という人たちだけでなく、「普通にメインで楽天モバイル使ってて1年間無料の終了後も使うつもりだった」人もahamoに行ってしまう可能性が大いにあります。

まとめ

比べてみると、ahamoの凄さがよりわかってきました。auとソフトバンクはともかく、楽天モバイルやMVNO勢はこれ、どうするんでしょうね。

MVNO勢はまぁ、低容量低料金のプランに集中するのかもしれませんが、楽天モバイルは…。1年間無料を300万名を超えても継続するんじゃないかとは思っていますが、それ以外にできることが「ちゃんとエリア整備する」以外にないのが…。

なお、ドコモは既存のギガホ/ギガライトについても、12月中になんらかの発表を行うとしています。現状ではギガライトがahamoに食われてしまいますしね。

モバイル業界、毎年のように何かしら変わってますが、また大きく動きそうです。目が離せないですね。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧