楽天モバイル(4G)の速度測定 11月後半編:大きな変化はないがやや速め!千葉県内での測定結果も!

楽天モバイルの速度測定、11月編の後半です。筆者は趣味も兼ねて月に2回、秋葉原にて12:30から18:30まで速度測定をおこないまとめています。今回の平均値はダウンロードが22.23Mbps、アップロードが39.73Mbpsで、前回比よりもダウンロードの値がやや速めの結果に。詳しいデータが気になる方は先にまとめてありますので、そちらからご確認ください。

測定方法

日時:2020年11日26月(12:30から18:30まで1時間おきに測定)
場所:東京都千代田区外神田 秋葉原駅周辺(楽天自社回線エリア内)
測定アプリ:SPEEDCHECK
使用端末:Xiaomi Mi 10 Pro
測定方法:速度測定アプリのスケジュール機能を用いて、ぞれの時間に各1回ずつ測定し、平均値を出す。(測定アプリがバックグラウンドで動作しているため、測定時間はやや前後することがあります)

測定端末について

Xiaomi Mi 10 Proは(Band18,26)に非対応です。なにかの間違いで自社回線外に切りかわる心配がありません。安心して速度測定をおこなうことができます。

測定位置に関して

基本的に測定する場所は同一にしていますが、不都合にて既定の場所へたどり着けない場合を考慮し、秋葉原駅周辺としています。

測定結果 – 前回よりもダウンロードの値がやや速めに

測定結果は以下の通りでした。

時刻 ダウンロード アップロード
12:35 10.58Mbps 39.56Mbps
13:35 37.24Mbps 36.12Mbps
14:36 29.22Mbps 39.81Mbps
15:35 20.93Mbps 47.89Mbps
16:35 14.16Mbps 32.38Mbps
17:35 3.57Mbps 30.11Mbps
18:36 25.43Mbps 46.75Mbps
平均値 22.23Mbps 39.73Mbps

全体を通してみるとダウンロードの値が前回よりもやや速めで、それ以外は遜色ない結果になりました。
個人的に混雑しているはずの18時に25.43Mbpsの結果を出すのは珍しく、ちょっと疑ってしまうレベルです。

マクロミスで千葉県内の自宅付近でも一度だけ測定

筆者は速度測定を自動化(マクロ)して行っていています。なぜか今回は設定ミスで19:35にも自動測定が走っていたので、せっかくなのでそちらも合わせて載せておきます。

結果は64.12Mbps、20.68Mbpsと、楽天モバイルでは見たこともない数値が出てきてました。都市部は混雑していることもあってやや遅めの速度でしたが、千葉県内では結構速めどころか4G回線の中では爆速クラスな結果に。これにはちょっと驚きました。

この記事を書いてる最中にも測定してみました。この日は土曜日でしたが、休日にこれだけの速度が出ているのは普通にすごいですね。

人口密集地じゃなければメイン回線としての利用するのもありかも

ここのところTVCMが目立つようになってきた(意識しているからかもしれませんが)楽天モバイルは、都内でもヘビーユーザーでなければ通信料金を抑えながら快適に使うことができます。また、千葉県内にある自宅では驚異の60Mbpsを2回、それも異なる日にちに叩き出したため、都市部ではないところに住んでいる方は同じくらいの速度がでるのではないでしょうか。

楽天モバイル
公式サイトはこちら >

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
AOSPベースのROMがすきです。Oxygen OSとHavoc OSがお気に入り。
⇨CloNisの記事一覧