OPPO、6.7←→7.4インチに伸縮するディスプレイのコンセプトスマホOPPO X 2021を発表!

OPPOは11月17日「OPPO INNO DAY 2020」を開催し、その中で画面が6.7インチから7.4インチまで伸縮するコンセプトスマートフォン「OPPO X 2021」を発表しました。このほかにもOPPO AR Glass 2021、OPPO CybeRealARアプリケーションといったコンセプト製品を発表しています。

OPPO X 2021

「OPPO X 2021」は、ディスプレイが伸び縮みする「ローラブルディスプレイ」を採用することによって、最小6.7インチから最大7.4インチまで自由自在にサイズを調整することができます。

ディスプレイが

だんだん

縮んでいきます。
まるで映画のCGのようで現実感ないかもしれませんね。動画で見るとわかりやすいです。

今までも似たようなコンセプトとして、折りたためる「Galaxy Fold」や「Huawei Mate X」が存在しましたが、今回発表された「OPPO X 2021」は折りたたむ必要がありません。これらと異なるポイントは「ユーザー側がサイズを指定できること」ですから、シーンに応じて使い分ける、といった使い方ができるようになります。

OPPO X 2021はあくまでコンセプト製品なので、実際に市販されるわけではありませんが、かなり未来感のある技術です。ぜひ手にしてみたいですね。

OPPO AR Glass 2021とCybeRealARアプリケーション

OPPO X 2021の他にも、従来よりも75%の軽量化に成功した「OPPO AR Glass 2021」、CybeRealARアプリケーションなどもコンセプト製品として発表されています。発表会の内容はYouTubeでも見ることができます。興味ある方はこちらもご覧ください。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
AOSPベースのROMがすきです。Oxygen OSとHavoc OSがお気に入り。
⇨CloNisの記事一覧