安さでぶっちぎり!大手4キャリアの総合満足度、楽天モバイルがトップ【MMD研究所調査】

MMD研究所は11月9日、「2020年11月大手4キャリアの満足度調査」の調査結果を公開しました。この調査は先日の「2020年11月通信サービスの利用動向調査」において大手4キャリアを利用している15歳~69歳の男女1,200人を対象に2020年10月16日~10月18日の期間で実施されたものです。

満足度No1は楽天モバイル!安さの一点突破

大手4キャリアを利用している人(各n=300)に、利用しているサービスの満足度を「料金部門」「サービス部門」「通信品質部門」「顧客サポート部門」の4部門においてそれぞれ聞いたところ、料金部門が「楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)」、サービス部門が「au」、通信品質部門、顧客サポート部門が「docomo」がそれぞれ部門トップとなり、総合満足度は「楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)」がトップでした。

docomo au Softbank 楽天モバイル
総合満足度 3位
(634)
2位
(643)
4位
(596)
1位
(713)
料金部門 3位
(864)
2位
(889)
4位
(832)
1位
(1182)
サービス部門 2位
(972)
1位
(994)
4位
(931)
3位
(970)
通信品質部門 1位
(1084)
2位
(1083)
3位
(981)
4位
(976)
顧客サポート部門 1位
(1003)
2位
(992)
4位
(918)
3位
(962)

※点数はウエイトをかけており総合満足度は1000点満点、4部門は1500満点となっています。

料金以外ではそこまでの差はないのですが、料金において300点近く差を出したのが楽天モバイルの総合満足度1位につながっているようです。まぁ1年間無料ですからね。

楽天モバイル
公式サイトはこちら >

最重視点も「月額料金の安さ」

利用している通信サービスの最も重視している点を聞いた設問では、「月額料金の安さ」が37.9%で最も多く、次いで「データ通信の繋がりやすさ」が14.0%、「データ通信速度」が9.5%となりました。

やはり一番わかりやすいものが重視されるということでしょうか。この点も楽天モバイルの総合満足度につながっていくようです。

キャリア別に重要する点を5位まで見ると、3キャリアは順位の変動こそあれど似たようなものですが、楽天モバイルのみ「月額料金の安さ」が74.7%と突き抜けていることがわかります。

楽天モバイル
公式サイトはこちら >


MMD研究所の調査ではここに掲載した以外の結果も掲載されています。興味ある方はそちらもチェックしてください。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧