ソフトバンクとワイモバイルがMNP転出手数料を来春をめどに完全撤廃へ

ソフトバンクは10月28日、同社ウェブサイトにて「ソフトバンクの通信料金低廉化などへの取り組みについて」という文書を公開し、その中でソフトバンクとワイモバイルにてMNP転出手数料を来春をめどに完全撤廃すると発表しました。

具体的なものは特に発表されていませんが、転出手数料を無料化することで携帯電話事業者の選択、乗り換えがよりスムーズになることが期待されます。

MNP転出手数料を、来春をめどに完全撤廃

MNPについては、以下のように書かれています。

MNP転出手数料を、来春をめどに完全撤廃

総務省の有識者会議で無料化の方向性が示されたウェブ窓口(My SoftBank、My Y!mobile)だけでなく、店頭(ソフトバンクショップ/ワイモバイルショップなど)やコールセンターを含む全ての受け付け窓口におけるMNP転出手数料を、来春をめどに完全に撤廃します。さらに、これまで午前9時から午後8時までしか受け付けていなかったMy SoftBankとMy Y!mobileでのMNPを、24時間対応にします。これによりお客さまは携帯電話事業者を自由に選択して、スムーズに乗り換えることができるようになります。

ソフトバンクの通信料金低廉化などへの取り組みについて | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

転出手数料の無料化だけでなく、ネットでの受付が24時間対応になるのは嬉しいですね。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧