格安SIM歴10年、契約SIMは24枚…そんな今のスマホ料金を改めて確認してみる

思えば私が格安SIMを初めて契約したのは2010年5月です。気づけばもう10年経っていました。そして格安SIMの速度測定を始めたのは2015年5月。こちらも5年以上ですね。

最近、また少し契約してるSIMを整理しました。プランを変更したり、音声SIMからデータSIMへ、などです。その結果、契約してるSIMは24枚になりました。普段あまり料金のことは気にとめていないのですが、たまには意識しておかねば、ということで改めて確認してみました。

2020年10月、orefolderが契約してるSIMとその料金

従量制で月ごとの料金が多少揺れるものもありますので、あくまで概算になりますが2020年10月現在の私の契約してるSIMとその月額料金は以下のようになります。

プランなど 料金 備考
BIGLOBE ドコモ回線 (3GB) 992円
au回線 (3GB) 352円 シェアSIM
b-mobile おかわりSIM 825円 5段階定額
b-mobile S 190PadSIM 981円 従量制
DTI SIM ドコモ回線 (3GB) 926円
IIJmio ドコモ回線 (3GB) 442円 紹介特典で-500円
au回線(従量制) 528円
データプラン ゼロ(eSIM) 165円 ほぼ維持だけ
LINEモバイル ドコモ回線 (500MB) 662円 新プラン
au回線 (1GB) 684円 旧プラン
ソフトバンク回線 (1GB) 550円 旧プラン
mineo ドコモ回線 (500MB) 715円 複数回線割引-55円×3
au回線 (1GB) 827円
ソフトバンク回線 (500MB) 814円
NifMo ドコモ回線 (3GB) 1,157円
nuroモバイル ドコモ回線 (2GB) 937円
au回線 (2GB) 860円
ソフトバンク回線 (2GB) 1,080円
OCNモバイルONE 新コース (3GB) 970円
UQ-mobile データ高速プラン (3GB) 1,080円
y.u mobile 音声 (3GB) 1,861円
楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT V 0円 1年無料
ロケットモバイル 神プラン 330円
ワイモバイル スマホプランS (2GB+1GB) 1,784円 旧プラン

合計19,522円 (SIM 24枚)

  • BIGLOBE SIM…au回線はドコモ回線のデータ量を分け合うシェアSIMなので単体よりも安くなってます。
  • b-mobile…従量制なので、時にはもう400円くらい安くなる月もあります。
  • IIJmio…今は終了してる「お友達紹介特典」というのがあり、それの特典で紹介者数×1ヶ月、月額料金が500円引かれます。何人紹介したのか分からないのでいつまで続くのか分かりません。→参考
  • LINEモバイル…au回線とソフトバンク回線は旧プランなので今の料金形態とは異なります。
  • mineo…mineoは複数回線契約すると、それぞれの回線で-55円となります。
  • y.u mobile…通話しないのに音声SIM契約してるのはキャッシュバック目的だからです。
  • 楽天モバイル…来年度くらいからは2,980円。継続する?どうする?
  • ワイモバイル…メイン回線。1年前に契約した旧プラン。あと1年くらいは+1GBが続くはず。割引が切れて来月あたりから+1,000円くらいになる予定。

過去の記録

このサイトではなく個人ブログの方ですが、過去にも同じようにまとめたことがあります。

このサイトでも1年半前に書いてました。

これらのときは17,142円(2017年・22枚)と17,950円(2018年・24枚)、18,960円(2019年・25枚)でした。SIMの枚数は変わらないのに料金は増えてます。まぁ、以前のものは0SIMが2枚あったのでそれの分ですかね。

まとめ

格安SIMは安いですね!(^_^)bグッ!

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧