楽天モバイルの速度測定(4G)2020年10月前半編 – 大幅に下がることなく安定!

楽天モバイルの速度測定、2020年10月編の前半です。筆者はサブ回線として楽天モバイルを使用しており、契約してから2ヶ月ほどが経過した今でも不満なく使えています。

そんな筆者は趣味もかねて、月2回、秋葉原にて午後から速度測定を行って記事化しています。楽天モバイルに5Gプランが追加されたなか、契約を検討している方の参考になれば幸いです。

測定方法

日時:2020年10月12日(12:30から18:30まで1時間おきに測定) 
場所:東京都千代田区外神田 秋葉原駅周辺(楽天自社回線エリア内)
測定アプリ:SPEEDCHECK
使用端末:Xiaomi CC9 Pro 諸事情につき、今回はXiaomi Mi 10 Proにて測定しています。
測定方法:速度測定アプリのスケジュール機能を用いて、ぞれの時間に各1回ずつ測定し、平均値を出す。(測定アプリがバックグラウンドで動作しているため、測定時間はやや前後することがあります)

測定端末について

Xiaomi CC9 Proは楽天モバイルのパートナー回線、いわゆるau回線バンド(Band18,26)に非対応です。そのため、なんらかの原因で自社回線外に切り替わる心配がありません。

測定位置に関して

基本的に測定する場所は同一にしていますが、不都合にて既定の場所へたどり着けない場合を考慮し、秋葉原駅周辺としています。

測定結果 – 全体を通してみると安定して速い

測定結果は以下の通りでした。

時刻 ダウンロード アップロード
12:30 25.63Mbps 41.26Mbps
13:30 21.12Mbps 41.99Mbps
14:30 33.48Mbps 45.09Mbps
15:30 33.03Mbps 48.07Mbps
16:30 16.24Mbps 38.57Mbps
17:30 17.983Mbps 44.13Mbps
18:30 11.89Mbps 42.23Mbps
平均値 22.77Mbps 43.05Mbps

MVNO回線ならば混雑しているはずの18時でも10Mbpsを下回ることなく、他の時間と変わりない結果になりました。
前回の測定結果では平均値が今回の半分以下でしたが、それもそのはず。前回測定したのは平日でも一番混雑していると思われる金曜日で、今回測定したのは月曜日だったことを考えると納得がいきます。よほどの混雑時でもない限りはこれで十分ですね。

5Gで一発回帰なるか…?

楽天モバイルの新プラン、「Rakuten UN-Limit V」の発表によって再び注目が集まっている楽天モバイルですが、5G対応エリアが狭いだなんだで物議を醸しています。

5Gエリアに関して言えば他キャリアもサービス開始当初は同じような範囲でしたし、大手キャリアのようなサービスを求めていないユーザーにとってはこれで十分なのでは…と思うところはあります。4Gの自社回線エリアも着々と広がっていたり、実店舗も増えていることから、今回の新プランが大砲の弾になってくれれば新規ユーザーを掴むこともあるのではないのでしょうか。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
Xiaomi Mi 10 Proをメインで使っています。 スマートフォンの選択基準はカメラ性能と実用性。スマホ以外にも、オーディオや自作PCをはじめとした電子機器全般に興味が偏りがちです。
⇨CloNisの記事一覧