世界初!?ホワイトカラーでシンプルな「CHOETECH」製のQi充電機内蔵型スマホアームをレビュー!

CHOETECH様よりQi充電器内蔵型スマホアームを提供していただきました。この場を借りてお礼申し上げます。CHOETECH様、ありがとうございます。

今回レビューするスマホアームは内部にワイヤレス充電器を埋め込んでいるため、ワイヤレス充電に対応しているスマホであれば「挟むだけ」で充電可能な物となっています。

  • ホワイトカラーで落ち着きがある
  • スマホアームとQi充電器を一体化させた革命的な商品
  • むやみに動かすと壊れちゃうかも

10月8日現在、Amazon商品ページにて10%オフのクーポンが配布されています。

外箱・付属品

外箱はミントカラーでオシャレです。

付属品は冊子類のみ。ちょっと胡散臭そうなものも入ってましたが、最近はよく見かけますよね。

ホワイトカラーで落ち着きのあるデザイン

全体的な外観は真っ白で落ち着きのあるデザインとなっています。

アームの箇所はPUレザーで包まれており、シンプルさながら安っぽさを感じません。

アームはクリップ式で机の天板などに挟んで使うことができ、最大70mmほどの厚さに対応しています。

固定部分の背面は放熱性を考慮した使用になっており、アタッチメント部分には取りはずしを楽にするためのヒモがついています。

固定部分は角度を360°回して調整することも可能です。

挟み込む部分は最小125mmから最大175mmまで広がります。スマホなら大型のものでも大丈夫でしょう。商品ページではタプレットもいけるように書かれていますが、175mmだとかなり小型でないと無理なのでお気をつけください。

下からはUSBケーブルが生えていて、これをACアダプタ等に接続することによって給電する仕組みです。

しばらく使用してみて

一般的なスマホアームに固定して充電もしたい場合は、横から充電ケーブルを挿す必要があります。しかしながら、このスマホアームはワイヤレス充電に対応しているため、ワイヤレス充電に対応している端末を所持していればケーブルを挿す必要がありません。

いや、なにを当たり前のことを言ってるんだ…と思った方もいるはずです。ところが、ケーブルレスのスマホアームになれてしまうと抜け出すことができなくなります。これは堕落しますよ。

というのも、私はアニメやYouTubeを観るのに使っているのですが、ちょっと角度を調整したいときにケーブルが引っかからず、スムーズに動かせるのが便利すぎるんです。大人数の前で画面を共有することになった時、ベッド上で動画を見たい時など、横から生えているケーブルが抜けた!なんてトラブルも激減しました。

…そんなことを書いていながら思ったんですけど、来週発売のOculus Quest 2をスマホにミラーリングさせて、VR外の人たちでみる…なんて使い方をしてみると楽しそうですね。Quest 2の本体カラーとも合いますし。

最後に

落ち着きのあるホワイトカラーにワイヤレス充電をかね備えたミニマルさがお気に入りで、取りまわしも過去に使用していたスマホアームよりも断然いいです。

個人的に、実用性のある画期的なものに興味が向くことの方が多いため、こういった製品がもっと市場に出回ってほしいですね。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
Xiaomi Mi 10 Proをメインで使っています。 スマートフォンの選択基準はカメラ性能と実用性。スマホ以外にも、オーディオや自作PCをはじめとした電子機器全般に興味が偏りがちです。
⇨CloNisの記事一覧