アプリ

「コメント付リツイート」ではなく「引用ツイート」ワンタップで一覧表示も可能に

Twitterは9月1日、従来「コメント付きリツイート」と読んでいたものを「引用ツイート」と変更すると発表しました。すでにブラウザ版や公式アプリの表記は「引用ツイート」となっているほか、ツイートの下部に「リツイート」とは別に「引用ツイート」の数が表示されるようになっています。

ツイート下部に引用ツイートの数が表示

ツイートの下部に、リツイートなどの数とともに、引用ツイートの数も表示されるようになっています。また、その部分をタップすると引用ツイートの一覧が表示されます。

これまではリツイートの一覧を表示すると、その画面で「リツイート」と「コメント付きリツイート(引用ツイート)」がタブ表示されていました。引用ツイートを見たくても2タップ必要でしたが、これからはツイート画面からワンタップで飛べるようになります。

そのツイートに対する反応をすぐに確認できるようになったので便利ですね。