Shortcut Maker:ファイルやフォルダへのショートカットも作成できるアプリ

Shortcut Makerは、その名の通りショートカットを作成してホーム画面に配置するアプリです。ここでいうショートカットとは、アプリ起動のものや設定、アプリの機能に対するショートカットのほか、ウェブサイトやスマートフォンの中のフォルダやファイルに対するショートカットまで含みます。

ホーム画面からすぐにアクセスしたい「なにか」がある人には、とても便利なアプリですよ。

Shortcut Maker
Android_RK

Shortcut Makerでショートカットを作る

アプリを起動すると、いくつもアイコンが並んでいます。ここから作りたいショートカットの種類を選びましょう。本アプリで作成できるショートカットは以下の通り。

  • アプリ
  • 活動(アクティビティ)
  • 連絡先
  • フォルダ
  • ファイル
  • 意図
  • 設定
  • ウェブサイト
  • カスタム

ちなみにアプリ自体はダークテーマに対応しています。

作りたいショートカットの種類を選ぶと、実際に作れるリストが並びます。ただ、「アプリ」を選んでもシステムアプリまで表示されてしまうので探すのは面倒かもしれません。(システムアプリなどでショートカットが作成できないものもあります。)

作りたいショートカットを選ぶと、詳細をカスタマイズする画面になります。難しいことわからなければショートカットを作成ボタンでショートカットがホーム画面に追加されます。

アイコンも形状変化させたり、アイコンパックや画像を使ってカスタマイズできます。

あとはショートカットを作成ボタンでショートカットがホーム画面に追加されます。


普通のアプリのショートカットはあまり需要ないかもしれませんが、本アプリではアクティビティや設定のショートカット、そしてファイルやフォルダへのショートカットも作れます。

何度もチェックしたいpdfだったり、バス停の時刻表を撮った写真だったりをショートカットでホーム画面に置いておけるので割と便利です。

Shortcut Maker
Android_RK
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧