MVNO/格安SIM

2020年9月後半の楽天モバイル速度想定:9月前半に比べて速度が低下しているけど許容範囲内

楽天モバイルの速度測定、9月後半です。楽天モバイルといえば、先着300万名まで通信量が無料になるキャンペーンで反響を呼びましたが、現時点(2020/09/26)ではまだ300万人に達していません。気になっている方はまだ間に合いますよ。

ちなみに、今回から新たに18時の測定枠を設けました。合計で6時間の測定をすることになります。
※午後のみ、個人規模での測定です。

測定方法

日時:2020年9月25日(12:30から18:30まで1時間おきに測定)
場所:東京都千代田区外神田 秋葉原駅周辺(楽天自社回線エリア内)
測定アプリ:SPEEDCHECK
使用端末:Xiaomi CC9 Pro
測定方法:速度測定アプリのスケジュール機能を用いて、ぞれの時間に各1回ずつ測定し、平均値を出す。(測定アプリがバックグラウンドで動作しているため、測定時間はやや前後することがあります)

使用端末について

Xiaomi CC9 Proは楽天モバイルのパートナー回線、いわゆるau回線バンド(Band18,26)に非対応なため、なんらかの原因で自社回線外に切り替わることがありません。
他にも、長時間のバッテリー駆動に対応しており、長時間の測定をするのに適任と言っても過言ではありません。それに加えて、snapdragon 730Gを搭載しているため、スペックが足を引っ張ることはないはずです。

測定位置について

基本的に測定する場所は同一にしていますが、不都合にて既定の場所へたどり着けない場合を考慮し、秋葉原駅周辺としています。

測定結果

時刻 ダウンロード アップロード
12:30 3.01Mbps 12.86Mbps
13:31 12.65Mbps 16.21Mbps
14:30 13.06Mbps 40.93Mbps
15:30 14.3Mbps 26.15Mbps
16:30 17.74Mbps 22.22Mbps
17.30 6.57Mbps 15.95Mbps
18:30 2.05Mbps 18.38Mbps
平均値 10.17Mbps 21.02Mbps

前回の測定結果と比較すると、上りも下りも速度がかなり低下しています。日中に通信するぶんには問題ないと思いますが、人が混み合ってくるお昼時や夕方なんかはストレスを感じることがあるかもしれません。とはいっても、私みたいにLINEや軽いブラウジングが主な用途であればそこまで困らないはずです。

ただ、来月にはこれを下回る速度になってる可能性も捨てきれないので、そこに関してはなにを求めるかといったところでしょうか。ヘビーユーザーにとってはちょっと厳しいかもしれません。

前回と比較するとやっぱり遅い

前回の速度平均は「下り15.32Mbps」「上り40.46Mbps」でした。それに対し、今回の平均値は「下り10.7Mbps 」「上り21.02Mbps」と、速度が著しく低下していることが確認できます。これからも速度が気になるため、引き続き追っていきたいですね。

icon-orefolder

そういえば、30日に5Gサービスに関する発表がありますね。どんなプランを発表するのか、けっこう楽しみです。