アプリ

Googleマップにて新型コロナ(COVID-19)の感染者数を表示するレイヤが追加

Googleマップにて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報のレイヤが追加されました。これをオンにすると、10万人あたりの新規感染者数(7日平均)や感染者数の増減が表示されます。

10万人あたりの新規感染者数(7日平均)を表示

Googleマップを開き、右上にあるレイヤ切り替えボタンをタップすると、表示できるレイヤの中に「COVID-19関連情報」というものが追加されています。

「COVID-19関連情報」をオンにすると、地図上に10万人あたりの新規感染者数(7日平均)と感染者数の増減が表示されます。これは都市レベル、日本だと都道府県レベルからの表示となります。レイヤの色が示す感染者数は次のとおりです。

  • グレー: 1人未満
  • 黄色: 1~10人
  • オレンジ色: 10~20人
  • 濃いオレンジ色: 20~30人
  • 赤: 30~40人
  • 濃い赤: 41人以上

このレイヤ表示は先週、9月23日頃から徐々に表示されるようになっており、手元の端末では9月29日になって表示が確認できました。

参考情報