ヘッドホン・イヤホン

低価格の「ノイズキャンセリング対応」のフルワイヤレスイヤホン「Coumi ANC-860」試用レビュー:インナーイヤーで耳に優しいイヤホン

低価格なフルワイヤレスイヤホンは星の数ほど出てきていますが、ノイズキャンセリングが付いているイヤホンは少ないと思います。

今回は低価格ながらノイズキャンセリングにも対応している「Coumi ANC-860」をご提供いただきましたのでレビューしたいと思います。

ちょっと音にクセはあるものの、ノイズキャンセリング搭載したイヤホンがこの価格で手に入るのは若干驚きでもあります。

このレビューはメーカー様より商品をご提供いただいた上で記載をしています。ご提供いただきましたCoumi様にはこの場を借りてお礼申し上げます。
  • アクティブノイズキャンセリング搭載
  • インナーイヤー型で耳に負担が少ない
  • 低音が少し強すぎる
  • 技適マークはあるが技術基準適合証明番号の記載が見当たらない

今回は40%オフで6,399円→3,839円になるクーポンをいただきました。どうぞご利用ください。

クーポンコード:TXGSMYD5
期限:2020年9月21日~2020年10月11日

開封

箱はシンプルかつ高級感のあるデザインとなっています。背面には製品仕様が記載がされています。

内容物はイヤホン及びケース、替えのイヤーピース、USB TypeA-Cケーブル、説明書及び次回使える40%オフクーポンです。

40%オフクーポンはメールを送るように書いてあるのですが、送るとAmazonのクーポンでも貰えるのでしょうか。

またイヤーピースはS/M/Lサイズが片耳2つずつ、計12個付属しています。イヤーピースは消耗品な上、普通のカナル型ではないので予備が付いているのは嬉しいです。

イヤホンのケースです。若干大きめには思えますが、邪魔にはならないサイズだと思います。また、本革?の紐がケースに付随しています。

触った感触はサラサラしていて、高級感が出ているのは良いところに思えます。

背面には製品仕様及び技適マークが付いていますが、技術基準適合証明番号が書いていません。箱にも説明書にも番号の記載がないのでこれは問題に思えます。

充電端子は今時のUSB Type-Cとなっています。

ケースを開けるとイヤホンが入っています。充電中は右の写真のようにイヤホン中央のランプが点滅するのですが、1つしか無いのでどの程度充電されたのかわからないのは難点です。

充電が完了すると点滅から点灯と変わりますが、充電中は点滅速度に変わりないため残量の判断ができません。

イヤホンはケースにマグネットでカチッと入ります。逆にしても落ちたりはしないのでケースから誤って落ちてしまうような事故は起きないと思います。

次にイヤホン本体を見ていきます。ノイズキャンセリングが搭載されているからかサイズは比較的大きめとなっています。丸い部分をタッチすることでイヤホンの操作を行います。

操作 左イヤホン 右イヤホン
タップ 音量-/通話操作 音量+/通話操作
ダブルタップ ノイズキャンセリング/外音取り込み 再生・停止
1秒押し 音声アシスト呼出 音声アシスト呼出
2秒押し 曲戻し/通話拒否 曲送り/通話拒否
音量調節はスマートフォン側のボリュームを調節するのではなく、イヤホン側のボリュームを調節するようです。そのためイヤホン側の音量が最低になっているとスマートフォンの音量を最大にしても音が聞こえないので注意してください。

初回取り出すと自動的にペアリング待ちとなります。スマートフォンのBluetooth設定でペアリングすると次からは自動的に接続されるようになります。

裏側には充電用の端子が付いています。ちなみにこのイヤホンはカナル型ではなくインナーイヤー型となっています。

手のひらに乗せるとこんな感じのサイズ感です。少し大きいですが耳に付けたときに邪魔になるという感じではありませんでした。

重さはイヤホンのみで約7g、左右のイヤホンを入れた状態でのケースの重さは約70gとなっていました。

スペック:通話用ではないノイズキャンセリング搭載

名称 ANC-860
チップセット RealTek RTL8773BFR
Bluetoothバージョン 5.0
対応プロトコル HFP/HSP/A2DP/AVRCP/SPP/PBAP
対応コーデック AAC/SBC
スピーカー φ13mm
アクティブノイズキャンセリング(ANC) 対応(ハイブリッド)
通話ノイズキャンセリング(ENC) 対応
防水 IPX7
サイズ 30 x 20 x 24.6mm
イヤホン重さ 片耳6.5g
ケース重さ(イヤホン込) 60g(実測70g)
連続再生時間(ANCオン) 約5.5時間(ケース併用時30時間)
連続再生時間(ANCオフ) 約7.5時間(ケース併用時41時間)
充電端子 USB Type-C

大きな特徴としては、通話用のノイズキャンセリングの他に騒音などをかき消す「アクティブノイズキャンセリング」が搭載されていること。

また、ノイズキャンセリングは外の騒音をかき消す音を流す「フィードフォワード方式」と、騒音を打ち消してから音楽だけを流す「フィードバック方式」を組み合わせた「ハイブリッド方式」となっています。

対応コーデックはチップセットがRealTekなこともあり、apt-Xには非対応となっています。

実際に試聴してみた

イヤホンなので実際に聞いてみないとなんとも言えないので早速スマートフォンに繋いで音楽を聴いてみました。

音質は価格相応

音質に関しては悪くはありませんが、とても良いということもなく良くも悪くも価格相応の音を出してくれます。

ノイズキャンセリングが付いている分を考えると、大体4,000円前後のイヤホンの音と同等程度の音質です。

かなりの低音寄りの音

特にイコライザーなどはないのでデフォルトの音となりますが、かなりベース音などが強く聞こえるような印象です。

ベース音などが強いのが好きな人は良いかと思いますが、個人的にはちょっと低音が強すぎるのではと思います。

音の途切れなどは無し

朝の通勤時間帯の電車で使ってみたものの、音の途切れなど気になることはありませんでした。apt-xには対応していませんが、その辺りは気にしなくても問題ないと思います。

ノイズキャンセリング機能を試してみた

次に本製品の大きな特徴でもあるノイズキャンセリングを試してみました。通勤時に使うことを想定して地下鉄の車内での試用です。

普段ソニーのWF-1000XM3を使っているのでそれとの比較となりますが、思ったよりはちゃんとノイズキャンセリングされているという印象でした。

元々インナーイヤー型のため外音は混じりやすいこともあり、騒音がサーッと消えて……とまでは行きません。ですが、オフの状態では騒音混じりで聴きにくかったのが、オンにすると低音を中心に騒音が軽減されて音を大きくしなくても曲を楽しめるようになりました。

本機に限らず、ノイズキャンセリングは低音のノイズを軽減するものとなります。そのため高音に関してはあまり効果は感じられません

正直価格を考えると十分以上のノイズキャンセリング性能だと思います。

ひとつ気になるところは、ケースに戻す(電源を切る)と毎回標準モードに戻ってしまい、毎回ノイズキャンセリングをオンにしなくてはならないこと。毎回だと若干手間を感じます。

外音取り込みは差がわからない

比較的効果がよくわかったノイズキャンセリングに比べて、外音取り込み機能は処理してる時としていない時で差がわかりませんでした。

WF-1000XM3では補聴器のように周囲の音を集めてくれる感じですが、このANC-860ではそのようには感じられませんでした。元々インナーイヤー型なので仕方ないのかもしれません。

まとめ:「新しい生活様式」に合ったノイズキャンセリングイヤホン

ここ最近はずっと電車などでもマスク、会社でもマスクとかなり耳に負担が掛かっている状況で、私はさらにメガネをしているので耳の負担は計り知れないです。

そのため最近はカナル型イヤホンを通勤時にしていると耳が痛くなることが多くなり、少し気になっていました。

しかしノイズキャンセリングはカナル型が多く、それがないインナーイヤー型では騒音だらけで聴くに耐えない状況で少し困っていました。その点このANC-860では、インナーイヤー型となっている上にノイズキャンセリング対応ということで耳の負担を少なく使うことができます。

インナーイヤー型のノイズキャンセリングイヤホンということで、どうしても遮音性などはカナル型に負けてしまうのは事実です。しかし耳に負担を掛けにくいインナーイヤー型というのはこのご時世逆に重宝するのでは、と思います。

価格ももともと安価な上、クーポンでさらに安くなっているので、通勤用に気軽に使えるイヤホンとしておひとつ持っていても良いと思えるイヤホンだと思います。

クーポンコード:TXGSMYD5
30%オフ:6,399円→3,839円
期限:2020年9月21日~2020年10月11日

Random Posts

8.9インチのUMPC「Magic-Ben MAG1」が発売記念特価で今なら609.99ドル~!
AUKEY、Qi充電可能な完全ワイヤレスイヤホンKey Series EP-T10を販売開始!発売記念で30%オフクーポン
Amazon Musicにてポッドキャストが配信開始!
Googleストアにてブラックフライデーセールの予告!Pixel 4は対象となるのか…!?
Pixel 3が2万6000円オフ!さらにケースももらえちゃう!Googleストアにて父の日セール
アプリセール情報:海外の人気Twitterアプリ『Fenix 2 for Twitter』が410円→240円のセール
HUAWEI P40 lite 5G:ミドルレンジとは思えないスペックはすごいが、自分には合わなかった
LINEモバイル、最大7000円相当のLINE Pay残高またはLINEポイントがもらえるラッキーセブンキャンペーンを開始!
Amazon「サイバーマンデー」開始!gooSimsellerの人気端末が最大41%オフ!
2019年買ってよかった!印象的なガジェット(スマホ以外)
カレンダー&メモ:シンプルにリスト型と表型を切り替えて使えるカレンダーウィジェット
SwitchBot Hub Mini(ハブミニ)を購入!ここから始める、スマートホーム
ソニーネットワークコミュニケーションズ、MVNE事業者として4/1よりau回線を提供開始
サンワサプライ、置くだけで充電ができる、Qi内蔵のペン立てを発売
20枚以上の格安SIMを契約している逸般人のリアルなスマホ代