ソニー、SIMフリーミッドレンジ Xperia 8 Lite を9月1日発売!nuroモバイルなどで3万円台

ソニーは8月26日、SIMフリーのミッドレンジスマートフォン Xperia 8 Lite を9月1日に国内MVNO事業者より販売開始すると発表しました。現在のところnuroモバイルとmineo、IIJmioが取り扱いを発表しており、価格は3万円台となります。

その名の通り、ワイモバイルやUQ mobileで販売されているXperia 8をベースとした機種で一部機能が削られているものの価格はかなり安くなっています。

Xperia 8 Lite

Xperia 8 Liteは6.0インチのフルHD+ディスプレイを搭載。近年のXperia端末同様にアスペクト比は21:9の縦長ディスプレイです。SoCはSnapdragon 630でRAMは4GB、ストレージは64GB搭載し、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)、おサイフケータイにも対応します。

性能的にはほぼXperia 8と同様ですが、DSEE HXには非対応となっています。DSEE HXというのはWALKMAN等にも搭載されているソニー独自の高音質技術で、MP3やAACなどの圧縮音源をハイレゾ相当の高音質に再現する技術です。

その他、スペックは以下の通り。

OS Android 9
CPU Snapdragon 630
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大512GBまで)
ディスプレイ 約6.0インチ/液晶 トリルミナスディスプレイ for mobile/FHD+
メインカメラ 有効画素数約1200万画素/F値1.8+有効画素数約800万画素/F値2.4
フロントカメラ 有効画素数約800万画素/F値2.0
バッテリー 2870mAh
サイズ 約158 × 69 × 8.1 mm
重量 約170g
対応バンド LTE Band 1, 3, 4, 5, 8, 12, 17, 18, 19, 26, 38, 41
3G Band 1, 4, 5, 6, 8, 19
GSM 850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz
その他 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
3.5㎜オーディオジャック
指紋認証
おサイフケータイ

Xperia 8自体が昨年秋に発売されたモデルであり、スペック的にも今このタイミングで出されても微妙なところは否めません。ただ、価格は3万円台前半から半ばといったところで(Xperia 8に比べると)安くなっています。事業者によっては各種割引があるのでかなりお得にSIMフリーでのXperiaを手に入れられるかもしれません。

また、「Lite」と付くスマートフォンはHuawei製品などでよく見られる名称ですが、Xperiaでこの名称は海外端末を含め覚えがありません。(ちゃんと調べたわけではないのでもしかしたらあるかもですが…。)そういった意味ではXperiaマニアなら買っておくべき端末かもしれませんね。

MVNOにて販売

Xperia 8 Liteは国内のMVNO事業者が取り扱います。現在のところnuroモバイル、mineo、IIJmioが取り扱いするようで、どれも9月1日発売となっています。ただし価格やキャンペーン等はそれぞれで異なります。

一括(税込) 24回払い(税込)
nuroモバイル 32,780円 1,400円/月
mineo 36,168円 1,507円/月
IIJmio 29,480円 1,232円/月

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧