アプリ

Twitter、ツイートごとに返信できる人を3パターンから選択できるように!クソリプ防止に有用?

Twitterは8月11日(現地時間)より、自分のツイートに返信できる(会話に参加できる)人を選択できる機能を追加しました。これは5月にテストされていた機能で、それが誰でも使えるようになりました。

リプライできる人を選択

新規ツイートを作成しようとすると、「すべてのアカウントが返信できます」と書かれた部分があります。ここをタップするとリプライできる人を3つのパターンから選ぶことができます。

全員
誰でもリプライできます。これまでと変わらず、これがデフォルトになります。
フォローしているアカウント
ツイートする人自身がフォローしてる人だけがリプライできます。
@ツイートしたアカウントのみ
そのツイートの中で@で指定した人だけがリプライできます。

↑これらのツイートは埋め込まれたこのページ上ではこれまでと変わらないように見えますが、それぞれをTwitterのアプリやウェブ版で開くと違いがわかると思います。

リプライできる人を「フォローしているアカウント」や「@ツイートしたアカウントのみ」に指定した場合には、ツイートの個別ページでその旨が表示され、該当者以外はコメントアイコンがグレーアウトします。ただしその会話の内容は通常通り見ることはできますし、リツイートや引用リツイート、いいねも可能です。(引用リツイートはリツイートされた人に通知が行きます。)

Twitterによると、この機能は有意義な会話に繋がり、またスパムや乱用から保護される安全面での役割もあるとのことです。テストでは悪意のある可能性のある平均3件の返信が阻止され、悪意のある可能性のあるリツイートが1件だけコメントとともに追加されたそうです。

また引用ツイートに対しては4倍のアクセスがあったようです。(そのツイートに対する引用ツイートの一覧は、ツイートの「○リツイートと引用ツイート」というところをタップすると見ることができます。)


この機能を使えば、いわゆるクソリプというものは減りそうです。制限されたツイートでも引用リツイートならコメントできますし、その通知も元ツイート主に行くのであまり変わらない気もしますが、テスト結果によれば制限されてることが表示されること、引用リツイートは面倒ということで全体的には減るようです。

参考情報

Random Posts

楽天モバイル、渋谷と池袋の中心地に過去最大規模となる大型店を出店
AIクアッドカメラ搭載ミドルレンジ「TCL 10 Pro」5月29日発売!税込49,280円
UnihertzのQWERTYキーボード搭載「Titan」本日21時クラウドファンディング開始!今のうちにスペックを確認
LINE、指定のURLからグループ通話に参加することができる 新機能「LINE ミーティング」を追加
じゃんぱら実店舗でスマホ試用サービスが10/31まで開催中!1週間以内なら購入金額の10%で返品できる!
CHOETECH USB PD充電器レビュー:TypeA付きなのに窒化ガリウム採用でコンパクト
イヤフォン「E1000 GREEN」が付録になった「HEADPHONE BOOK Special Edition」を購入しました
goo SimsellerがRedmi Note 9Sの限定カラーを9,800円~で8月17日発売!オプション等で1,800円~に!
YouTube Premium開始!3ヶ月無料その後月額1180円で広告なし・オフライン再生・Play Musicも含まれます
UMIDIGI S3 ProがクラウドファンディングIndiegogoにて$269で登場!
太正ホームに浪漫の嵐!【ホーム画面コンテスト2020】
Anker、完全ワイヤレスイヤホン Soundcore Liberty Neo 発売!シリーズ最軽量モデルをアップグレード!
AnTuTu Benchmarkがバージョン8.0.1-OBにアップデート!v7系との違いに注意
Geekbuying、2019 Spring Festival Saleを開催! DOOGEE S80がクーポンで369.99ドル
Transparent Widget:透明なアプリ起動ボタンをホーム画面に置くウィジェット