ヘッドホン・イヤホン

Rademax T12:ピンクがかわいいインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン

Rademaxより、かわいらしいピンクの完全ワイヤレスイヤホン「T12」をレビュー用に提供していただきました。

完全ワイヤレスイヤホンというと、どうしてもガジェット感が強くてブラックもしくはホワイトが多いですが、本製品はピンクです。無いことはないですが、完全ワイヤレスイヤホンとしてはわりと珍しいのではないでしょうか。

8月11日現在でタイムセールを行っており、1,000円引きの3,380円となっております。タイムセールなので、気になる方はこの機会をお見逃しなく。

Rademax T12の特徴

Rademax T12はインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンです。今回レビュー用に提供していただいたものはピンクですが、一応ブラックもあるようです。

Bluetooth5.0接続でAACコーデック対応、IPX5の防水性能があり、片耳4.5g両耳で9gの軽量なイヤホンです。イヤホン単体で3時間の音楽再生可能で、充電器を兼ねたケースを含めれば30時間の音楽再生が可能です。ノイズキャンセリングはCVCで通話時の騒音を低減してくれます。

5,000円以下の価格帯の完全ワイヤレスイヤホンとして基本的な機能があるので、音質など細かいことは求めないけど完全ワイヤレスイヤホンでピンクのかわいいのが欲しい、という人にピッタリです。

製品仕様
Bluetoothバージョン:Bluetooth 5.0
イヤホンサイズ:45.6*17.6*18.5㎜
充電ケースサイズ:60*26*49㎜
防水等級: IPX5(イヤホンのみ)
待機時間:120時間
通話時間:約3時間
音楽再生:約3時間
イヤホンのバッテリー容量:30mAh
充電ケースのバッテリー容量:500mAh
対応Bluetooth プロファイル:HSP/HFP/A2DP/AVRCP

Rademax T12の外観

Rademax T12はイヤホンとケース本体のほか、USBケーブル、マニュアル、サンクスカードと、シンプルな構成です。

ケースはテカリがあってプラスチッキーなので高級感はありませんが指紋がベタベタ目立つものでもなく、かわいいものです。イヤホンを縦に差し込むタイプですね。

イヤホンはインナーイヤー型で、わずかに湾曲した棒が伸びてるタイプです。

ケースの内部にLEDランプがあります。これはケースのバッテリー残量を示します。(25%以下で点滅)

ケースの充電は残念ながらmicro USBです。こちらのLEDランプは充電時のバッテリー残量を示します。

インナーイヤー型で軽いつけ心地

Rademax T12はインナーイヤー型なのでカナル型に比べると耳への圧迫感がなくてつけ心地が軽いです。周りの音もある程度聞こえるので、散歩のときなど遮音性が高すぎると危険な場面ではこちらのほうが向いてます。

ボタン式で間違いのない操作感

Rademax T12のコントロールはイヤホン上部にあるボタンを押すタイプです。タッチするタイプに比べると、押した実感があり、ちゃんと押す必要があるので操作ミスも少ないです。

再生/一時停止 どちらかのイヤホンを1回クリック
音量アップ
音量ダウン
次の曲 右イヤホンを2秒長押し
前の曲 左イヤホンを2秒長押し
通話の応答 どちらかのイヤホンを1回クリック
通話の終了 どちらかのイヤホンを1回クリック
通話拒否 どちらかのイヤホンを2秒長押し
音声アシスタントの起動 どちらかのイヤホンを2回クリック

マニュアルでは音声アシスタントの起動はiOSでのSiriのみと書かれていたのですが、試したところAndroidでGoogleアシスタントもOKでした。

値段なりの音質

スマホとのペアリングはかんたんです。ケースからイヤホンを出すとペアリングモードになるので、あとはスマホのBluetooth設定から新しいデバイスとペア設定するから、「T12」を選択するだけです。

実際に音楽を聴いてみると、微妙に音がこもっているというか広がりを感じない音です。ボリュームを挙げると中高音はよく聞こえますが若干低音は弱いかな、という印象。5,000円以下の価格帯としてはまぁこんなものかなという感想です。音質を求めるならもっと上の価格帯を探しましょう。

まとめ

基本的な機能は揃っているので、それほど音質にこだわりがなくて、むしろピンクという色にこだわりがあるのなら選択肢に入るのではないでしょうか。なお、ピンクと言ってもわりと薄い肌色っぽいピンクですが、かといってイヤホンが目立たなくなるかというと、うーん…色白な人なら目立たないかもしれません。黒よりは目立たないですけどね。

音や細かい機能よりも、外観と価格で選ぶイヤホンです。基本的なものは揃っていて大きくだめなところはないので、見た目と価格が合うのなら、いいのではないでしょうか。

8月11日現在でタイムセールを行っており、1,000円引きの3,380円となっております。タイムセールなので、気になる方はこの機会をお見逃しなく。

Random Posts

ドコモ、AQUOS R2 SH-03KとAQUOS R3 SH-04LにAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
LinksMateが「新規MNP転入で3,000円相当割引キャンぺーン!」を開催
Mi Pad 4を購入しました:8インチの手頃なサイズで十分なスペックを持ったタブレット
人気スマホが最大16000円引き!楽天モバイル、おトクに機種変更キャンペーン第2弾
装着感の良さや防水対応(IPX7)など使い勝手・操作性重視な左右独立型ワイヤレスイヤホン「EarFun Air」レビュー
Google Pixel 4a 発表!パンチホールディスプレイ、6GB RAM、128GBストレージで8月20日発売!税込42,900円
AQUOS sense3 レビュー:良くも悪くも無難で、一般人にはいいが逸般人は物足りなさを感じるスマホ
KLWP/KWGTがv3.43にアップデート!ダークモード対応や接続済みオーディオデバイスの名称表示など
MiBand4 – WatchFace for Xiaomi Mi Band 4:Mi Band 4のバンドディスプレイを追加・変更するアプリ
Google Play ベストオブ 2018、今年はリアル投票所も登場!渋谷、秋葉原、新宿で投票可能
Red Magic 3S:ハイパフォーマンスながらお手頃価格が嬉しいNubiaのゲーミングスマートフォン【PR】
BIGLOBEモバイル、6ヶ月×1600円引き!音声通話SIM3GBなら初月+6ヶ月0円!初期費用もポイント還元
ZenFone Max (M2)が3800円、AQUOS sense2 SH-M08が800円!goo Simsellerにて衝撃のタックル価格セール開催!
Xiaomi、Mi Band 5やMi TV StickなどXiaomiエコシステムの新製品を発表!スマホもRedmi 9シリーズを3機種
楽天モバイル、「夏のスマホ大特価キャンペーン」のポイント還元額を修正!実質負担金には変わりなし