端末

モトローラ、お手ごろ価格のmoto g8 power liteとエントリークラスのmoto e6sを9月4日販売開始!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、moto gシリーズのお手ごろ価格モデル「moto g8 power lite」およびエントリークラスの「moto e6s」を新たなラインナップとして追加し、9月4日より国内各チャネルで販売開始すると発表しました。

モトローラ公式オンラインショップでの価格は「moto g8 power lite」が20,800円(税込)、「moto e6s」が16,800円(税込)です。

どちらもSIMロックフリーですが、公式のお知らせでは「楽天モバイルを除く日本国内の通信キャリア」で利用できるとされています。楽天モバイルを使っている方はお気をつけください。

お手ごろ価格のmoto g8 power lite

moto g8 power liteはmoto g8シリーズのなかでもお手頃価格となるモデルです。6.5インチディスプレイに大容量の5000mAhバッテリーと1,600万画素メインカメラ、200万画素マクロカメラ、200万画素深度測定用カメラのトリプルカメラを搭載。SoCはHelio P35で4GBのRAMと64GBのストレージを搭載。カラーはポーラブルーとロイヤルブルー2色です。

OS Android 9
CPU MediaTek Helio P35
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大256GBまで)
ディスプレイ 6.5インチ 1600×720 (HD+)
リアカメラ 1,600万画素(メイン、f/2.0、1.0um PDAF)+200万画素 (深度、f/2.4, 1.75 um)+200万画素 (マクロ、f/2.4, 1.75 um)LEDフラッシュ
インカメラ 800万画素(f/2.0、1.12um)
バッテリー 5,000mAh
サイズ 約164.94 × 75.76 × 9.2 mm
重量 約200g
ネットワーク 4G:B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B5 / B6 /B8 / B19
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz

エントリークラスのmoto e6s

moto e6sは、moto g8 power liteよりもさらに低価格のエントリーモデルです。6.1インチディスプレイ、3,000mAhバッテリーを搭載し、SoCはMediaTek Helio P22、2GBのRAMと32GBのストレージを搭載します。メインカメラは1300万画素+深度センサー200万画素のデュアルカメラ。カラーは、メトログレーとエレキピンク2色です。

OS Android 9
CPU MediaTek Helio P22
RAM 2GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC (最大256GBまで)
ディスプレイ 6.1インチ 1440×720 (HD+)
リアカメラ 1,300万画素(メイン、f/2.2、1.12um) PDAF位相差オートフォーカス+200万画素(f/2.4, 1.75um)深度センサー
インカメラ 500万画素(f/2.2、1.12um)
バッテリー 3,000mAh
サイズ 約155.6 × 73.0 × 8.5 mm
重量 約160g
ネットワーク 4G:B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B40
3G:B1 / B2 / B5 / B6 /B8
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz

参考情報