LINE、指定のURLからグループ通話に参加することができる 新機能「LINE ミーティング」を追加

コミュニケーションアプリ『LINE』は8月6日のアップデートで、指定のURLからグループ通話(ビデオ可)に参加できる新機能「LINEミーティング」を追加しました。
スマートフォン版はバージョン10.13.0、PC版はバージョン6.2.0以上で利用できます。

URLにアクセスしてグループ通話

「LINEミーティング」は、グループトークを作成せずに指定のURLへアクセスすることによって、最大500名までのグループ通話(ビデオ可)を行なうことができる機能です。

トーク画面の上部からアイコンをタップし、わずか2ステップでURLを発行し、そこに招待したりURLを相手に伝えてアクセスしてもらえばグループ通話が開始します。なお、招待リンクは14日間のみ有効となっています。

「LINEミーティング」では、スマートフォン・PCの画面を共有したり、YouTubeを接続中のメンバーと同時に視聴可能な「みんなで見る」機能をはじめとした、シェア機能に対応しています。他にも、エフェクトやフィルターといったビデオ通話を盛りあげる定番機能も利用することが可能です。

また、安全面を考慮し、18歳未満のユーザーと年齢認証が済んでいない場合は本機能を利用することができないようになってます。

それに加えて、ミーティングURLは32桁以上の複雑な文字列なので、URL以外からの接続はほぼ不可能な仕様となっているので、安心して利用できます。

もし、部外者が参加したりした場合は強制的にグループ通話から退出することができる機能、「Kick out」を利用することも可能です。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
Xiaomi Mi 10 Proをメインで使っています。 スマートフォンの選択基準はカメラ性能と実用性。スマホ以外にも、オーディオや自作PCをはじめとした電子機器全般に興味が偏りがちです。
⇨CloNisの記事一覧