KLWP/KWGTがv3.48にアップデート!アニメGIFと音楽ビジュアライザーが追加!

『KLWP』および『KWGT』がv3.48にアップデートされています。今回は以前から隠し機能としてあったアニメーションGIFの正式サポート、そして音楽ビジュアライザーの追加などがあります。

実際に使いこなすのはちょっと難しいところもありますが、より面白くなってきました。

Google playKLWP Live Wallpaper Maker
KLWP Live Wallpaper Maker
制作: Kustom Industries
価格: 無料

ダウンロード

Google playKWGT Kustom Widget Maker
KWGT Kustom Widget Maker
制作: Kustom Industries
価格: 無料

ダウンロード

更新内容

v3.48の更新内容は以下の通りです。(KLWPの場合。KWGTはいくつか省かれています。)

– Added support for music visualization
– General availability of Movie Module
– Added rounded corners to triangles, exagons
– Added CJK for Chinese chars in tc(type)
– Weather plugin now supports also WeatherBit and, for Australia, WillyWeather
– Fixed force weather update touch action not working
– Fixed download/upload speed showing wrong values realtime
– Fixed animation formulas not showing formula value

主な新機能

今回の新機能は3つあります。どう使うかはアイデア次第。

音楽ビジュアライザーのサポート

音楽ビジュアライザーというのは、音楽再生系アプリによくある、再生してる音楽に合わせて不思議な文様がうねうね動いたり、音に合わせて棒状のものが伸びたり縮んだりするようなアレです。

KLWPではそれぞれの要素の「アニメ」の項目にあります。これの実行条件として「音楽ビジュアライザー」が追加されています。アクションなどは他と同じように設定できるので、再生されてる音楽に合わせて指定の動きをする、といったことが可能になります。

適当な図形を作成して、アニメに音楽ビジュアライザーを指定してみると、たしかに音に合わせて動いているように見えます。アプリなどで見られるような本格的なものを作るのは難しそうですが、面白そうです。

アニメーションGIFの追加

以前から隠し機能としてあったもの(4年前からあったらしい)で、それが正式に使えるようになりました。最初の「テキスト」や「画像」などを選ぶ画面で一番下に「動く画像」が加わってます。

基本的な使い方は普通の「画像」と同じです。自分でアニメGIFを作ってもいいですし、ネット上には様々なアニメGIFが公開されてるのでそれらを使ってもいいでしょう。

三角形と六角形に角丸設定

「図形」の三角形や六角形で「角」の設定が加わってます。これの数値を大きくすると角が丸くなっていきます。六角形は角の数値を大きくしていくと円になりますね。


KLWPの使い方については以下のページにてまとめています。使い方に困ったときなど、こちらのページも参考にしてください。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧