アプリ

Google日本語入力はGboardに統合されるので乗り換えを、という通知が出ている模様

ここ数日、TwitterでGoogle日本語入力に関する話題をよく見るな、と思っていたのですが、どうやらGoogle日本語入力を使ってるAndroid端末に「Google日本語入力はGboardに統合される」という通知が表示されているようです。

画像提供:丸和一太郎@maruwa_ichiさん

それによって、Google日本語入力の不満点を書いてる人や、乗り換えたGboardの使い勝手について書いてる人が増えているようです。いくつかは設定で解決できるものもあるので書き残しておきます。

Google日本語入力とGboardの違い

Google playGoogle 日本語入力
Google 日本語入力
制作: Google LLC
価格: 無料

ダウンロード

Google playGboard – Google キーボード
Gboard - Google キーボード
制作: Google LLC
価格: 無料

ダウンロード

Google日本語入力とGboardはどちらもGoogleの日本語入力・キーボードアプリで、無料で利用できます。主に日本語(とアルファベット)のGoogle日本語入力に対し、Gboardは多言語に対応していおり、設定項目もかなり多くなっています。ドイツ語やフランス語など英語以外の外国語と日本語をどちらも頻繁に使う人にはとくに人気の印象です。

私はあくまで日本語話者で、普段はどちらでもなくATOKを使っているのですが、両者をインストールして比べてみた結果、気になった部分を書き出してみます。

設定項目が多い

左:Google日本語入力 右:Gboard

ぱっと見で違うと感じるくらいには設定項目の数が違います。Google日本語入力はシンプルですよね。Gboardには設定も多くいろいろな機能もあるのですが、そういったものが逆に機能を見つけにくくなったり、多すぎてよくわからないという人からは敬遠されてしまうのかもしれません。

キーボードの面積が広い

左:Google日本語入力 右:Gboard

Gboardはキーボードが大きく、画面内に閉める面積がGoogle日本語入力よりも大きいです。
もちろん、どちらのアプリも高さを調整する設定項目はあります。あるんです、一応。

左:Google日本語入力 高さ100 右:Gboard 高さ最低

Gboardの高さを最低にしてGoogle日本語入力の標準(100)と同じくらいです。

なんでこんなに違いがあるのかと言うと、GboardがQWERTYキーボード時に数字を独立したキーとして表示できる(1段増える)からです。日本語12キーボードとQWERTYキーボードで高さが統一されているため、数字行分だけ日本語12キーボードも大きくなってます。

左:数時行あり 右:数字行なし

私は数字行を出したい派なので気になりましたが、Google日本語入力もGboardのデフォルトも数字行は非表示なので、あまり気にしない人のほうが多いかもしれません。

Google日本語入力からGboardへ

統合するという案内を受けてGoogle日本語入力からGboardへと乗り換えようとした人で、「Gboardはここがダメ」というのも見ました。ただそのうちいくつかは設定で解決できるものでした。できるものできないもの、いくつか紹介します。

変換精度が悪くなった

Google日本語変換よりもGboardのほうが変換精度が良くないという意見が複数あります。
ただ変換精度はわりと人の体感で決まる部分もありますので、人によっては、と言えないこともないです。また慣れもあるので、乗り換え直後は特にそう思うのかもしれません。

もちろん、長期間使ってみてそれでもやっぱり「Gboardは変換精度よくない」という意見もあります。

QWERTYキーボードのフリックで記号が出ない

Google日本語入力ではQWERTYキーボードでキーを上にフリックすると記号が入力できたのですが、Gboardではそれができない、という意見があります。でもこれは設定で似たようなことはできるようになります。

設定で長押しで記号表示をオンにすれば、QWERTYキーボードで記号が入力できます。ただし、あくまで「長押し」です。その下の「キーの長押し時間」をなるべく短くすると、フリックで指が画面に付いてる時間で記号になるので擬似的に「フリックで記号入力」となります。本当にサッとフリックしただけでは記号になりません。

追記:この記事を書いたときは、実際に試して上で書いたようにサッとフリックしただけでは記号にならなかったのですが、数日後にまた試したらフリックで入力できました。?なぜあの時はできなかったのか、単に自分の勘違いだったのか…?

また、Google日本語入力では下にフリックすると大文字入力できたのですが、それはGboardではできないようです。

記号のレイアウトが違う

上はGoogle日本語入力、下はGboardです。よく見るとQWERTYキーボードで入力できる記号の種類や位置が変わってます。

Google日本語入力では「@*+-=/#()’:”?!~…」だったのがGboardでは「@#_&-+()*”‘:;!?」になってます。「/~…」が抜けて「_;」が入りました。位置も変わっているので、感覚で場所を覚えていた人は乗り換えで苦労するかもしれませんね。

辞書ツールがない→ある

Gboardには辞書ツールがないというのもありましたが、名前は違いますが「単語リスト」というものがあります。Google日本語入力でエクスポートしたユーザー辞書をGboardでは「単語リスト」でインポートできます。

とりあえずしばらく使ってみては?

完全に同じというわけではありませんが、だいたいは似たようにできるようですし、機能は増えてます。慣れの部分も大きいので、とりあえず1週間くらいは我慢しながらでも使ってみてはどうでしょうか。

それでも「使いにくい」と思うのなら、どこがどんなふうに使いにくいのか言語化してみるといいかもしれません。問題を整理してみると、案外解決法が見つかったりするものです。

Androidにはほかにもキーボードアプリの選択肢はあるので、もっといいものを探してみるのも手ですよ。

2年前にはこんな記事も書きました。Google日本語入力のGboardへの統合で、これもまた変わってくるかもしれませんね。なお、私はメインでATOKを利用しています。こっちも良いものですよ。

Random Posts

格安SIMの通信速度比較【2019年5月その1】初登場のLINEモバイルau回線は(まだ)UQモバイル並に速い
ファーウェイ、前後にAIカメラ搭載で雫型ノッチのHUAWEI nova lite 3発表!市場想定価格26880円より
Googleマップやアシスタントでサンタさんを追いかけよう!
Googleマップが15周年!アイコンが新デザインになってアプリも5つのタブが登場
5150mAhの大容量バッテリーを搭載した「UMIDIGI Power」4/22発売予定
UMIDIGI、AMOLEDディスプレイを搭載した新世代の「UMIDIGI Uwatch2」を7/15に発売!オープンセール価格は24.99ドル
この世界を、支配する。ASUSが最強ゲーミングSIMフリースマートフォンのティザーサイト公開
最近買ったモノ:小さいけどそれに意味があるのかわからないmicro→Type-C変換アダプタ
楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT申込みとRakuten Link利用でポイント還元のキャンペーン2種を復活
ドコモ、5G・新サービス・新商品発表会を3月18日11時より開催!ライブ配信もあり
Pixel 4 開封の儀:つや消し黒と上品な白が気持ちいい!これがGoogleのつくりたかったスマホ!
pixel simple【あなたのホーム画面見せてください 2019】
mineoが6周年!ロクなものプレゼントキャンぺーンを開催!
アプリセール情報:聖剣伝説が半額セール!ほか無料セール中のアイコンパックなど
Google Play ベストオブ 2018、今年はリアル投票所も登場!渋谷、秋葉原、新宿で投票可能