Anker、ゲーミングモバイルバッテリーAnker PowerCore Play 6700発売!グリップとモバイルバッテリーが一体化!

Ankerは8月13日、冷却ファン内蔵のコントローラー型モバイルバッテリー(ゲーミングモバイルバッテリー)Anker PowerCore Play 6700を発売しました。Amazonでの価格は税込3,990円で、初回100個限定で10%オフの3,591円となります。

ゲーミングモバイルバッテリーAnker PowerCore Play 6700

Anker PowerCore Play 6700は一見するとスマホでゲームを楽しむためのコントローラーグリップの形をしており、これに6700mAhのモバイルバッテリーが一体化した「ゲーミングモバイルバッテリー」です。

横に伸び縮みする仕組みになっており、約14.5cmから約16.4cmまで調整可能です。大抵のスマホには対応していると思います。(縦長なXperia 1 IIは16.6cmなのでわずかに入らないですね…。)

冷却ファン内蔵で、モバイルバッテリーの発熱を最大30%抑え、スマホ本体の加熱を防ぎます。あくまでモバイルバッテリーの発熱を抑えるものなのでスマホ本体を冷やすものではなさそうです。

USBポートは本体左上にあり、USBケーブルでスマホとつないで充電します。Type-Cポートは充電用も兼ねており、入力は最大10W、出力は最大15Wです。Type-Aは最大出力12W、2ポート利用するときは合計で最大15Wとなります。

モバイルバッテリーとしては6700mAhあり、スマホをまる1回以上充電できるだけの容量はあります。バッテリーとグリップが一体化されてるので、バッテリー残量もコードの煩わしさも感じることなくゲームに集中できそうです。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧