その他

2020年上半期、orefolder.netで最も読まれた記事と最も売れた商品

気がつけば2020年のも半分が終わってしまいました。ちょうどいい区切りですのでこの6ヶ月間で当サイトの最も読まれた記事と最も売れた商品(Amazon)をまとめてみました。

この半年、あっという間だった気もしますが様々な事がありました。様々なガジェットに触れてきました。様々な記事を書きました。ちょっとだけ振り返ってみます。

2020年上半期 最も読まれた記事

この6ヶ月間に当サイトで公開した記事内で、アクセス数の多かった記事を紹介します。サイト全体でのランキングではなく、2020年1月から6月に公開した記事に限ります。

1位:楽天モバイル、特定の条件で「データ制限モード」でも1Mbpsの制限が外れる

かなりネタ的な内容で、役に立つこともない記事なのですが…いいんですかね…。この半年間での楽天モバイルの注目度が高かったということでしょうね。

2位:2台で2980円のEcho Flexを購入!使い方はアイデア次第!…とはいうものの、正直持て余してる

4月にEcho Flexが2台購入で半額というキャンペーンをやっていたので購入したという記事です。「使い方はアイデア次第」とはよく言われますが、未だにうまい使い方はできていません。なお、ちょうど今も同じ用に「Echo Flexが2台購入で半額」のキャンペーンが開催中です。

3位:AndroidのOSバージョンシェア 2020年5月 : リリースから8ヶ月ほど経ったAndroid 10はわずか8.2%

Android OSのバージョンシェアがデベロッパーサイトで公開されなくなり、Android Studioで新規作成するときに確認できるだけになりました。それを思い出したので書いてみたのがこの記事でした。しばらく他サイトでもバージョンシェアの記事がなかったこともあり、かなりのアクセスをもらいました。

ちなみに、最近もちょくちょく確認しているのですが、データが更新されていないので記事にできないでいます。新しいPixel端末が出る頃にまた更新されるかもしれません。

4位:Androidスマホのホーム画面を使いやすく&カッコよくカスタマイズしよう!

そうですそうです、そうなんです。このサイトは元々Androidスマホのホーム画面をカスタマイズするためのサイトなんです。最近「ホーム画面 カスタマイズ」で検索しても出てくる内容がアイコンの整理の仕方や壁紙の変更くらいのものばかりだったので、なんとかちゃんとまとめたものを書きたいと思っていました。

そんな中、新型コロナウイルス関係で外出自粛な世の中になったこともあり、家の中での楽しみという意味もあって書き上げた記事でした。あくまで入門的な、かんたんな内容に留まっていますが、もっと濃い内容のカスタマイズ記事も書いていきたいですね。

5位:回線チェッカー:楽天モバイルで自社回線か確認するにも便利な、接続回線の確認アプリ

アプリ紹介の記事でこんなにアクセスがあったのは珍しいです。楽天モバイルの注目度はすごいですね。

6位:Rakuten Miniで擬似的にホーム画面の壁紙を設定する方法

楽天モバイルもそうですが、そのオリジナル端末Rakuten Miniも話題を振りまいてくれましたね。あまりいい意味ではありませんが。いやぁ、楽天モバイルの注目度はすごいですね。

7位:マイナンバーカードを使ってスマホでマイナポータルにログインしてみよう

スマホ界隈に限らず、国民みんなの関心事でしたね。マイナンバーカード、作っておいてよかったです。

8位:Google FiのSIMカードが米Amazonで購入(日本直送)できると聞いたので買ってみた

買ってみた系の記事です。買ってみただけで使えてませんけど。いいんです、私にとってはコレクションアイテムなんですから。

9位:Twitter、DMでメッセージに絵文字で反応できる機能が追加!

この記事、特にオリジナリティがあるわけでもないのですが、なぜか今でもアクセスが途絶えないんですよね。よくわかりません。

10位:マイナンバーカードとスマホで特別定額給付金を申請してみました

7位の記事で準備していた特別定額給付金を申請を実際にやってみた記事です。5月1日に申請受付が始まったので速攻やって記事にしました。タイミング良かったですね。給付金自体もわりと早く振り込まれました。それを使って作業用のPCとディスプレイを新しくしたので今後はお仕事も捗るはずです。


10位中3つが楽天モバイル関係でしたね。良くも悪くもこの半年間、楽天モバイルはかなり話題を集めていたと思います。できれば後半は、良い話題でたくさんの注目を集めてもらいたいですね。

11位から30位まで

個別に紹介はしませんが、11位から30位までも載せておきます。

  1. 楽天モバイル本格スタート!なのにeSIM回線が開通できない状態で数時間…。
  2. Yahoo!ファイルマネージャーの代わりに使えるファイラーアプリ!2画面使える4アプリを紹介
  3. final E500:えっちなイヤホンはそれなりに訓練された人でないとダメかもしれない…
  4. OCN モバイル ONE 新コースを2ヶ月使っての評価:満足なところと注意するところ
  5. Rakuten Mini レビュー:メインは厳しいけど、おもちゃ感が楽しい!小型軽量でおサイフもeSIMも対応のスマホ
  6. タブレットカーナビ化計画 その2:カーナビアプリを3種類から検討-やはり無難が一番?
  7. 格安SIM (MVNO) の速度測定:2020年6月 その2 すっかり元通りな中、y.u mobileが速い
  8. PayPayで、自動車税を納付する-ポイント還元もあるよ
  9. 二枚目にどう?楽天モバイルを契約するなら今がいい!
  10. タブレットカーナビ化計画 その1:Satechiの車載タブレットホルダーでタブレットを固定する
  11. 楽天モバイル、紹介コード入力で2000ポイントもらえるRakuten UN-LIMITご紹介特典を開始
  12. 格安SIM (MVNO) の速度測定:2020年1月 その2 OCN モバイル ONEの新コースとmineoに注目
  13. 格安SIM (MVNO) の速度測定:2020年5月 その1 続く外出自粛の影響、そこにも微妙な変化
  14. mineoの昼の通信を控えることで特典がもらえる「ゆずるね。」が開始から1ヶ月
  15. UQ mobileの「スマホプランR」を楽天モバイルやワイモバイルのプランと比較してみる
  16. UMIDIGIの新フラッグシップUMIDIGI S5 Proは4月8日発表!ポップアップカメラを搭載!?
  17. 老舗Android用Twitterアプリ『twicca』がついに使用不可に
  18. クウガ【ホーム画面コンテスト2020】
  19. HUAWEI P40 lite 5G 購入:これが最近のファーウェイかとガッカリした開封とファーストインプレッション
  20. twiccaに代わるTwitterアプリを探そう!人気のTwitterアプリ5つを簡単に比較

2020年上半期 最も売れた記事

この6ヶ月で当サイト経由でAmazonで売れたものを10位まで紹介します。当サイト経由ではありますが、直接紹介したものではないものも含まれます。

1位:Echo Flex

4月のEcho Flexが2台まとめ買いで半額キャンペーンの記事と、それで買ったEcho Flexの紹介記事で大量に売れました。記事ではけっきょく持て余してると書いたのですが、自分なら有意義に使えると思った人が多いのでしょうか。良い使い方があればぜひ教えてほしいです。

2位:final E500

えっちなイヤホンとして話題になってたVR向けに調整されたイヤホンです。最初はAmazonでの取り扱いがなかったと思いますが、いつの間にか取り扱い始まっていたのでリンクを追加しました。その後、なぜか検索結果のわりと上位に残っているおかげで今でも時々売れています。記事ではむしろ否定的に書いてる気がするのですが、それがほかの絶賛する記事との差別化になってるのかもしれませんね。

3位:Echo Flex用モーションセンサー

Echo Flex買ったらこれも買っちゃいますよねー。

4位:SwitchBot Hub Mini

スマートホーム関連が続きますね。スマートホーム対応製品以外でもこれを介せばスマートホーム化できるのがグッドです。

5位:Echo Flex用ナイトライト

私は買わなかったのですが、やはりEcho Flexとセットで買った人が多いようです。

6位:Echo Dot

Echo Dot、私は持ってないのですが度々セールで安くなりますよね。普通のEchoと安いEcho Flexを持ってると間のEcho Dotはわりと中途半端なんですよね…。

7位:AUKEY Bluetoothイヤホン EP-B40

レビュー記事も書いてますが、その後半額セールもありました。今はもう在庫切れでAmazonでは買えないようですね。

8位:Unihertz Titan用保護フィルム

保護フィルムがここに入ってくるとは…。しかもTitan…。最近公式の保護ケースも販売されたようです。

9位:Mi Band 4のバンドを外さないでも充電できる充電器

類似品はたくさんあるのでこれに限らなくてもいいとは思いますけどね。20日に1回とはいえ、充電の際にバンドを外すのを面倒に思っているひとは多いんですね。バンドを外す必要のなくなった新しいMi Band 5が(中国版は)発売されてます。私はまだ買ってないですけど、そろそろ買いたいです。

10位:SwitchBot用デジタル温湿度計

私は購入してないのですが、これがあるとSwitchbot Hub Miniと組み合わせて、部屋の室温をトリガーにしてスマートホーム製品をコントロールできたりするようです。28度を超えたらエアコンのスイッチを入れる、といった感じですね。この表示がE-Inkだったら私も買ったんですけどね…。


どうも上位はスマートホーム関連が多かった気がしますね。注目度が高いのか、単にセールの機会が多いからなのか…。

ちなみに「最も売れた」とか書いてますが、その実数はわりと少ない(非公開)です。だいたい50個売れれば元が取れますが、そんなの夢のまた夢…。当たり前のようにそれだけ売れるのならばいくらでもガジェット買うんですけどね…。セール記事なんかがGoogle Discoverに載ってアクセスがガンガンくるとAmazonの売上もグンッと来ます。でもセール記事ばかりのサイトにはしたくないんですよねぇ…。あくまで自分が関心のあるネタ(製品)だけで構成していきたいものです。

2020年後半もがんばりましょう

新型コロナウイルスの関係でずいぶんと今までとは異なった半年間だったのではないでしょうか。記事と売れたもので振り返ると、どんな半年間だったか見えてくるようですね。

12月にも1年間の振り返りをしたいと思っています。今回ランクインした記事以上に読んでもらえる記事、買ってもらえるような紹介記事を書いていきたいですね。

なお、私の欲しい物リストはこちらです。