最も利用してるQRコード決済サービスは「PayPay」次いで「楽天ペイ」「d払い」【MMD研究所調査】

MMD研究所は7月22日、「2020年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の調査結果を公開しました。

これは18歳~69歳の男女45,000人を対象に2020年6月26日~29日の期間で実施されたもので、今回の公表結果ではアンケート調査により回収されたサンプルを人口構成比に合わせるために、ウエイトバック集計しています。

この1年でスマホ決済の利用が急上昇

18歳~69歳の男女45,000人を対象に、普段の支払い方法を聞いた設問(複数回答可)では、現金が90.2%、次いで、「クレジットカード」が73.4%、「スマホ決済(タッチ式、QRコード式含む)」が37.8%と続きました。

まだまだ現金が強いですが、スマホ決済について見ると37.8%とかなり増えてます。MMD研究所では同じような調査を過去にも行っており、その中の「普段の支払い方法」におけるスマホ決済は14.3%(2019年7月)→29.6%(2020年1月)→37.8%(2020年6月)と急上昇してます。

QRコード決済の認知状況

続いてQRコード決済の認知・利用状況について聞いたところ、最も多かったのは「現在利用している」で34.3%となった。次いで、「だいたいどんなものかわかるが、利用したことはない」で20.4%、「QRコード決済という言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・内容はよく知らない」で16.6%となります。

認知状況をわかりやすくファネル分析で見てみると、「認知」は93.3%、「内容理解」は68.6%、「利用経験」は43.3%となります。

最も利用してるのはPayPay

QRコード決済を現在利用している人(n=15,423)に、最も利用しているQRコード決済サービスについて聞いたところ、トップが「PayPay」で48.7%、次いで、「楽天ペイ」が15.7%、「d払い」が13.4%という結果でした。

Google playPayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
制作: PayPay Corporation
価格: 無料

ダウンロード

このトップ3は2020年1月の調査のときと変わりません。1位のPayPayについては46.7%→48.7%と2ポイント上がってます。4位以下を見ると変動がそれなりにありますね。


MMD研究所の記事では、このほかにもデータが公開されています。興味ある方はそちらもご覧ください。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧