FOX、AIクアッドカメラ搭載のコスパモデル「TCL 10 Lite」を7月31日発売!税込26,800円

TCLコミュニケーション・テクノロジーの正規代理店であるFOXは、コストパフォーマンスに優れたエントリーモデル「TCL 10 Lite」を7月31日より販売価格¥26,800(税込)にて発売すると発表しました。7月28日(火)11時より予約が開始されています。

メインカメラ4800万画素のAIクアッドカメラにSnapdragon 665、6GBのRAMと128GBのストレージを搭載しながら税込26,800円とコストパフォーマンスの良いエントリーモデルとなります。

TCL技術が凝縮されたディスプレイを持つコスパモデル

TCL 10 Liteは、今年1月にラスベガスで開催されたCES2020にて製品発表されたエントリーモデルの端末です。TCLブランドのスマートフォンとして「TCL PLEX」「TCL 10 Pro」に続く第3弾となり、国内3大キャリア(au、docomo、SoftBank)SIMの利用が可能な日本用にローカライズされています。

ディスプレイは、「PLEX」「10 Pro」に引き続き色差△Eが1未満(TCL labによる実測値)で、これは北米で1位の液晶テレビの販売台数を誇るTCL技術が凝縮されたものに仕上がっています。本体カラーはアークティックホワイト」「マリアナブルー」の2色で、ホログラフィック加工を施したプレミアム感のあるデザインです。

ディスプレイは6.53インチのFHD+ディスプレイ(1080×2340)で画面占有率は91%です。ディスプレイの色差△Eは1未満と業界随一(TCL labによる実測値)で、よりリアルに近いビジュアルを提供します。

背面カメラはAIクアッドカメラで、メインカメラは4800万画素。ほかは800万画素で118°の超広角カメラ、200万画素の震度センサおカメラ、200万画素のマイクロカメラのでは、シーンや被写体を認識して最適な写真や映像を撮影することができます。2つ目のカメラは画素数800万画素の118度の超広角カメラ、3つ目のカメラは200万画素深度センサーカメラのカメラ、4つ目のカメラは200万画素で2cmの接写が可能なマクロレンズ。

その他、主なスペックは以下の通り。

OS Android 10
CPU Snapdragon 665
RAM 6GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 6.53インチ 1080×2340 (FHD+)
背面カメラ メインカメラ:4800万画素 / 広角カメラ:800万画素 / 深度センサーカメラ:200万画素 / マクロカメラ:200万画素
前面カメラ 1600万画素(4-in-1ビッグピクセル技術搭載)
バッテリー 4000mAh
サイズ 約162.2 × 75.6 × 8.4 mm
重量 約180g
周波数 国内3大キャリア(au、docomo、SoftBank)SIMの利用が可能
・4G LTE :B1/3/8/18/19/26
・3G :B1/6/8/9/19
・2G :2/3/5/8

TCL 10 LiteはFOX ONLINE STOREのほか、ビックカメラやヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、goo Simseller 本店などで販売されます。

直営サイトFOX ONLINE STOREでTCL 10 Liteを購入すると、caseplay jamで利用できる5,000円(税込)分のギフトコードが購入特典としてプレゼントされます。caseplay jamは在庫を持たずに多種多様なデザインを可能にするスマホケースのオンデマンドプリントサービスです。TCL 10 Liteの発売にあたり、約400種類のデザインが用意されています。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧