au、AQUOS sense2 SHV43/AQUOS sense2 かんたん SHV43にAndroid 10へのOSアップデートを配信開始

KDDIは7月8日、同社から販売されている「AQUOS sense2 SHV43」および「AQUOS sense2 かんたん SHV43」においてAndroid 10へのOSバージョンアップの準備が整ったと発表しました。7月16日より、順次アップデートのお知らせが通知されます。

設定システム詳細設定システムアップデートから実施できます。ソフトウェア更新は4G回線/Wi-Fi回線で可能ですが、Wi-Fi回線での実施が推奨されています。

Android 10へのOSアップデート

アップデート方法 更新時間 アップデートファイルサイズ
Wi-Fi利用 約40分 約2.1GB
4G(LTE/WiMAX 2+)利用 約40分

※OSアップデートの実施には、本体メモリに約2.6GB以上の空き容量と電池残量が40%以上必要です。

主な改善内容

電話

  • 「クイックアクセス」、「履歴」、「連絡先」の位置が変更されます。
  • 画面切り替えが、左右スワイプから項目タップに変更となります。

電話帳

  • 「電話帳」アプリ画面右上の連絡先削除アイコンが変更となります。
    これにより、連絡先の削除方法が変更されます。

クイックパネル

クイックパネルのデザインや表示内容が変更となります。

  • 電池残量の表示位置が変更されます。
  • 通知を長押ししたときの表示が変更されます。
  • 「サイレント通知」の設定ができるようになります。

文字入力機能

  • キーボード表示機能が改善されます。

ファイル管理

  • ファイル管理アプリが「コンテンツマネージャー」から「Files」に変更します。

設定:ダークテーマ

  • 黒基調の画面になる「ダークテーマ」が利用できるようになります。

その他の変更内容は公式のお知らせをご覧ください。

更新後のソフトウェアバージョン

ビルド番号:03.00.01

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧