モバイルバッテリー

Anker PowerCore III Fusion 5000 購入:PD対応になったAC充電器一体型モバイルバッテリー

AnkerのAC充電器一体型モバイルバッテリーPowerCore III Fusion 5000を購入しました。Amazonで50万個以上売れたというヒット商品Anker PowerCore Fusion 5000のアップグレードモデルで、ポートの1つがType-Cとなり最大18WのUSB PDにも対応します。

Anker PowerCore III Fusion 5000

Anker PowerCore III Fusion 5000はAC充電器一体型モバイルバッテリーです。コンセントプラグが付いており、そのまま挿せばUSB急速充電器、外せばモバイルバッテリーとして利用できます。

製品の仕様
サイズ:約78 x 71.5 x 30mm
重さ:約176g
入力:100 – 240V〜0.6A 50 – 60Hz
USB-A 出力:5V=2.4A
USB-C 出力:5V=3A, 9V=2A (USB-Cポートは出力専用です)
2ポート合計最大出力:15W
容量:4850mAh

サイズは約78 x 71.5 x 30mmと持ち運ぶのに苦のないコンパクトなものです。5000mAhのモバイルバッテリーと考えると大きいですが、AC充電器兼用なので、両方を持ち歩くよりは荷物が少なく済みます。

以前のモデルと比べると大きさはほとんど同じくらいです。ただ外像の素材は変わっていて、新しいPowerCore III Fusion 5000は表面がテカテカしてます。細かい傷は付きやすいようで、開封してすぐに見てみてもすでにいくつか付いてました。遠目にはわからないですし気にしなければ気にならないものですが。

前モデルは継ぎ目が中央にあったので真っ直ぐ立つ事ができませんでしたが、若干は改善されてます。

電源ボタンにはバッテリー残量を示すLEDが付いてます。電源ボタンを2回押す(もしくは2秒押す)と低電流モードとなり、左端のランプが緑になります。この状態だとイヤホンやウェアラブル機器も安心して充電できます。

Type-CポートはUSB PD対応で、単ポートでの利用なら最大18Wでの充電が可能です。Aポートと同時に充電すると合計で最大15Wになります。

なお、コンセントにさした場合はまずスマホなどが充電され、それが終わった後にモバイルバッテリーが充電されます。

最近はあまり出かけることがなく、モバイルバッテリーを持ち歩くことも少ないのですが、スマホ1回分充電できればいいというときや、1泊旅行などのとき、お出かけ先にコンセントがあるときにはこういったAC充電器一体型モバイルバッテリーが便利です。

今後は私もこれがお出かけ用モバイルバッテリーになりそうです。

Random Posts

48MP + 20MPのデュアルカメラと5150mAhの大容量バッテリー搭載フラッグシップ — UMIDIGI S3 Pro!
恋愛ゲーム風ホーム画面 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Galaxyの無料エンターテイメントパーク「Galaxy Studio」全国14カ所で開催決定!
au、5G対応の「AQUOS zero5G basic DX」を9月19日発売!
LINEモバイルの新プラン(ドコモ回線)を契約してみた-旧プランより少しだけ速い?
FF3がSteam版発売記念で1840円→860円!無料セール中のアプリもたくさん【アプリセール情報】
Android Q Beta 1 リリース!Pixel端末で適用可能、正式版は2019年Q3予定
サンワサプライ、USB PD対応30W出力20100mAhのモバイルバッテリーを発売!
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年9月 その1 b-mobileがおとなしくなってきた
UQ mobileの「スマホプランR」を楽天モバイルやワイモバイルのプランと比較してみる
mineo、音声SIMの新規契約で月額料金が3ヶ月間最大940円引きとなるキャンペーン開始
ドコモ、FOMAおよびiモードを2026年3月31日にサービス終了へ
OPPO、R17ProとAX7を2週間お試しできる 「OPPOお試し体験サービス」を開始!
UMPC「Magic-Ben MAG1」に4G LTE対応版が登場!これでいつでもどこでも活躍できる!
Google Pixel 4a 発表!パンチホールディスプレイ、6GB RAM、128GBストレージで8月20日発売!税込42,900円