Anker PowerCore III Fusion 5000 購入:PD対応になったAC充電器一体型モバイルバッテリー

AnkerのAC充電器一体型モバイルバッテリーPowerCore III Fusion 5000を購入しました。Amazonで50万個以上売れたというヒット商品Anker PowerCore Fusion 5000のアップグレードモデルで、ポートの1つがType-Cとなり最大18WのUSB PDにも対応します。

Anker PowerCore III Fusion 5000

Anker PowerCore III Fusion 5000はAC充電器一体型モバイルバッテリーです。コンセントプラグが付いており、そのまま挿せばUSB急速充電器、外せばモバイルバッテリーとして利用できます。

製品の仕様
サイズ:約78 x 71.5 x 30mm
重さ:約176g
入力:100 – 240V〜0.6A 50 – 60Hz
USB-A 出力:5V=2.4A
USB-C 出力:5V=3A, 9V=2A (USB-Cポートは出力専用です)
2ポート合計最大出力:15W
容量:4850mAh

サイズは約78 x 71.5 x 30mmと持ち運ぶのに苦のないコンパクトなものです。5000mAhのモバイルバッテリーと考えると大きいですが、AC充電器兼用なので、両方を持ち歩くよりは荷物が少なく済みます。

以前のモデルと比べると大きさはほとんど同じくらいです。ただ外像の素材は変わっていて、新しいPowerCore III Fusion 5000は表面がテカテカしてます。細かい傷は付きやすいようで、開封してすぐに見てみてもすでにいくつか付いてました。遠目にはわからないですし気にしなければ気にならないものですが。

前モデルは継ぎ目が中央にあったので真っ直ぐ立つ事ができませんでしたが、若干は改善されてます。

電源ボタンにはバッテリー残量を示すLEDが付いてます。電源ボタンを2回押す(もしくは2秒押す)と低電流モードとなり、左端のランプが緑になります。この状態だとイヤホンやウェアラブル機器も安心して充電できます。

Type-CポートはUSB PD対応で、単ポートでの利用なら最大18Wでの充電が可能です。Aポートと同時に充電すると合計で最大15Wになります。

なお、コンセントにさした場合はまずスマホなどが充電され、それが終わった後にモバイルバッテリーが充電されます。

最近はあまり出かけることがなく、モバイルバッテリーを持ち歩くことも少ないのですが、スマホ1回分充電できればいいというときや、1泊旅行などのとき、お出かけ先にコンセントがあるときにはこういったAC充電器一体型モバイルバッテリーが便利です。

今後は私もこれがお出かけ用モバイルバッテリーになりそうです。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧