Google Play MusicからYouTube Musicへのデータと音楽の移行ツールが日本でも開始

Google Play Musicが今年後半にアクセスできなくなることにあわせ、YouTube Musicへのデータと音楽の移行が案内されていましたが、日本でも移行ツールの提供が開始されました。

ただし、移行するデータの量によってはかなりの時間がかかるようです。

データ移行はウェブかアプリから

Google Play MusicからYouTube Musicへの移行は非常に簡単で、以下の2つの方法があります。

  1. https://music.youtube.com/transferにアクセスし、転送をクリック
  2. YouTube Music』アプリを開き、プロフィール写真設定転送Google Play Music からの移行をタップ

このとき、YouTube MusicではライブラリがYouTubeチャンネルに保存されます。なのでこの時点でチャンネルがない場合は新たに作ることになります。

このデータ移行にかかる時間はライブラリに保存された音楽の量にもよるのでしょうが、現在は(おそらく大量のリクエストのために)通常よりも時間がかかっているそうです。移行が完了すればお知らせが来るので、アプリは閉じてしまって大丈夫です。

なお、私は4,500曲弱をアップロードしていたのですが、6月7日午前11時くらいから移行を始め、6月8日午前7時半現在でまだ移行が終わってません。

とりあえず移行の手続きだけして気長に待つか、もしくは移行は諦めて自分で最初からやるか、どちらがいいんでしょうね。

追記:やっと移行完了しました。

40時間くらいかかりました。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧