XiaomiのRedmi Note 9Sが3位に!週間SIMフリースマホ実売TOP10【BCNランキング 6/8~6/14】

BCNは「BCNランキング」日次集計データによる、2020年6月8日から6月14日のSIMフリースマートフォンの実売台数ランキングトップ10を公開しました。

前回に引き続き「本体代が1円キャンペーン」のRakuten Miniがトップになりました。そして注目のXiaomi端末はRedmi Note 9S (6GB/128GB)が3位に入っています。

Redmi Note 9Sが3位に

2020年6月8日から6月14日のSIMフリースマートフォンの実売台数ランキングトップ10は以下のとおりです。

1位 (前回1位) Rakuten Mini(Tinno Mobile Technology)
2位 (前回2位) P30 lite(Y!mobile)(Huawei Technologies)
3位 (前回-位) Redmi Note 9S 6GB+128GB(Xiaomi)
4位 (前回4位) Galaxy A20(UQ mobile)(SAMSUNG)
5位 (前回3位) AQUOS sense3 SH-M12(シャープ)
6位 (前回6位) AQUOS sense3(UQ mobile)(シャープ)
7位 (前回5位) nova lite 3 POT-LX2J(Huawei Technologies)
8位 (前回7位) P30 lite MAR-LX2J(Huawei Technologies)
9位 (前回10位) Reno A 64GB(OPPO)
10位 (前回-位) BASIO4(UQ mobile)(京セラ)

「本体代が1円キャンペーン」をやっていたRauten Miniがまた1位です。このRakuten MiniはBand 1に対応してないバージョンがあったなどの問題が起きていますが、ランキングにはそこまで影響はなかったようですね。このキャンペーンも16日で終わっているので、次回はまた変わってきそうです。

一方、XiaomiのRedmi Note 9Sが3位に入りました。この端末は販路によって4GB/64GBのモデルと6GB/128GBのモデルがありますが、3位に入ったのは6GB/128GBのほうです。こちらのほうが5千円程度高く、主に家電量販店で販売されています。この価格差とスペック差なら、上位を選ぶ人のほうが多いんですね。

前回はこちら。

「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧