アプリ

Twitter、ツイートごとに返信できる人を制限する機能をテスト中

Twitterは5月21日、「会話への新たな参加方法」として自分のツイートに返信できる(会話に参加できる)人を選択できる機能をテストしていると発表しました。日本のユーザーでも21日未明から使えている人がいるようです。

返信できる人を制限

この機能では、ツイートする際に「そのツイートに返信できるアカウント」を3つのグループから選ぶことができます。

  • 全員
  • フォローしているアカウント
  • @ツイートしたアカウントのみ

デフォルトでは全員になりますが、その他を選んだ場合はそのラベルがツイートに表示され、該当者以外はコメントアイコンがグレーアウトします。ただしその会話の内容は通常通り見ることはできますし、リツイートや引用リツイートも可能です。(引用リツイートはリツイートされた人に通知が行きます。)

この機能は現在テスト中であり、有効になっているのは一部の方のみです。Android版、iOS版、そしてウェブのtwitter.comの利用者に限られます。


機能が有効な場合、ツイートする際にリプライできる範囲を選択できます。

リプライが許可されてない人の場合、コメントアイコンがグレーアウトされ、タップしても「ツイート主が許可してないのでリプライできない」と表示されます。


引用リツイートはできますし、その通知も相手にいくので会話をすべてシャットアウトするわけではありませんが、そのツイートの画面から関係ない人からのリプライを見えなくすることはできます。すでにリプライを個別に非表示する機能はありますが、それと似たような機能なのかもしれません。一見きれいに見えるという。

Twitterはこのほかにもいくつかの機能をテスト中です。私の場合、アカウントの1つではウェブ版で投稿時間を指定(予約)できる機能が有効になっています。ブラジルでは24時間で投稿が消える機能(フリート)をテストしているようです。これらのうち、どれが正式機能となるのか、楽しみでもあります。

参考情報

Random Posts

ワイモバイルをメイン回線にして1ヶ月と少し経った
Nest Miniが2,000円引き、Nest Hubが5,500円引き!Googleストアにて新生活セール開催!
週間SIMフリースマホ実売TOP10【BCNランキング 4/20~4/26】顔ぶれは変わらず今回もP30 liteが1位
ノイキャン強化・外音取り込み搭載、前作より強化されたBluetoothヘッドホン「Mu6 Space 2」 レビュー
Rakuten Miniに新色クリムゾンレッドが登場!セット購入で5000ポイント還元
Pixel 3aの購入特典でGoogle Play Pointsのシルバーステータスもしくは250ポイントをもらおう
OPPO、ハイエンドモデル「R17 Pro」コストパフォーマンスモデル「AX7」発表!12月中旬より発売
息子の背中【あなたのホーム画面見せてください 2019】
Xiaomiの低価格ながら高性能なPocophone F1が329.99ドル!Banggood割引クーポン情報
BIGLOBEモバイル、通話SIM契約で月額料金が1200円引き×6ヶ月間!音声通話SIM3ギガなら6ヶ月間月額400円!
Eric Clapton 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
UMIDIGI F1 Playが発売記念価格で199.99ドル!AliExpressのセールで他の機種も最安値に!
BlackviewはMediaTek Dimensity 1000 5Gチップセットを搭載する世界初のタフネススマートフォンメーカーに
ドコモ、2019-2020年冬春モデルのスマートフォン5機種を発表!
キャッシュレス決済、導入店と未導入店によるイメージの差と導入しない理由