MVNO/格安SIM

格安SIM (MVNO) の速度測定:2020年5月 その2 少しずつ日常を取り戻しつつあるも全体的に速いまま

MVNO・格安SIMの定期速度測定と比較、2020年5月編その2です。

キャリアに比べて通信料金が安くて人気な「格安SIM」ですが、その種類によって速度や使いやすさ、機能は異なってきます。その中でも最もわかりやすく比較できる重要なものが「通信速度」です。orefolderでは月に2回、主だったMVNOのSIMをスピードテストアプリを使って実際に速度を比較しています。あくまで個人レベルでの測定になりますが、格安SIM選びの参考になれば幸いです。

今回の測定に使用したSIMは22種類です。

今回のポイント
  • 全体的に速いものの元に戻りつつある
  • 逆にDTI SIMは落ちてる?
  • 増強予定を発表したLINEモバイルは…
icon-orefolder

相変わらず外出自粛やリモートワークの影響なのか全体的な速度は上がったままですが、緊急事態宣言の解除とともに徐々に元の速さに戻りつつあるようです。

測定方法など

測定方法

測定は以下のようにして行いました。

日時
2020年5月21,22日(21日12時・19時、22日8時・12時の4回実施)
場所
茨城県つくば市
測定アプリ
Speedtest.net
5Gmark
測定方法
SIMごとに3回ずつ測定し、(3回の合計値+中央値×2)/5を値とする。それとは別に昼に5Gmarkでのフルテスト
使用端末とSIM
IIJmio-D Galaxy S8
y.u mobile Pixel 3
LINEモバイル-D Pixel 3a
OCNモバイルONE BlackBerry KEY2
OCNモバイルONE(新) AQUOS sense3
BIGLOBE-D Titan
NifMo Xperia 1
b-mobile-D ZenFone 3
DTI SIM UMIDIGI X
nuroモバイル-D moto g8
mineo-D Xperia X Compact
mineo-A ZenFone 5
UQ-mobile Xperia XZ1
IIJmio-A AQUOS R Compact
BIGLOBE-A ZenFone 3
LINEモバイル-A Essential Phone
nuroモバイル-A AQUOS R2 Compact
ワイモバイル Pixel 4
nuroモバイル-S Xperia XZ
b-mobile-S G8X ThinQ
LINEモバイル-S Android One X2
mineo-S AQUOS Sense plus

測定の正確さや意義について

さすがに端末1台で22枚のSIMを入れ替えするのは困難なので、複数の端末を使っています。違う端末を使っては比べる意味が無いとお考えの方は、そういうものとして見てください。

また、測定用アプリや測定環境など、もっと正確なものがあると考える方もいらっしゃるでしょうが、ある程度の妥協を重ねて今の形になっています。これらについても、意味が無いとお考えの方はそういうものとして見てください。
(基本的に、多くの人が使っていて自分の場合と比べやすく、またパッと見で分かりやすいものを選んでます。正確性などを考えればもっとやり方はありますし、そうやっているサイトもほかにたくさんあります。ぜひそういったより正確なデータもご覧ください。)

測定アプリについて

現在は『Speedtest.net』と『5Gmark』の2つのアプリを使って測定しています。『Speedtest.net』は広く使われているメジャーな測定アプリです。しかし、このアプリだけだと実際の利用における体感速度と離れた結果が出る格安SIMが出てきました。

『5Gmark』のフルテストはYouTube動画やウェブページなどの読み込みをテストに組み入れており、より実際の使用環境に近い形でのテストが可能です。ただし通信量も多いので、当サイトの測定では『5Gmark』は昼に1回のみ行っています。

朝:8時15分~25分ごろ

DOWN (Mbps) UP (Mbps) PING (ms)
IIJmio-D 35.26 8.44 35.0
y.u mobile 35.00 15.14 37.2
LINEモバイル-D 1.97 11.18 38.2
OCNモバイルONE 22.74 8.73 27.6
OCN(新) 34.74 6.92 33.4
BIGLOBE-D 5.94 9.61 39.0
NifMo 55.54 9.35 68.4
b-mobile-D 36.52 5.88 37.0
DTI SIM 22.44 9.15 35.8
nuroモバイル-D 25.76 8.95 51.6
mineo-D 24.36 16.34 46.8
UQ mobile 37.24 2.36 29.2
mineo-A 25.10 3.07 37.0
IIJmio-A 11.34 9.09 36.8
BIGLOBE-A 4.99 4.94 28.0
LINEモバイル-A 10.51 1.81 31.6
nuroモバイル-A 5.42 3.68 28.8
ワイモバイル 47.82 3.07 30.2
nuroモバイル-S 22.76 10.21 41.2
b-mobile-S 29.66 11.62 19.2
LINEモバイル-S 3.38 5.73 38.2
mineo-S 43.62 11.88 56.4

朝は通勤時間帯ということもあり比較的混雑する時間帯です。だいたい3Mbps以上出ていれば特に不満なく通信できると思います。

4月から全体的に(特にドコモ回線は)速くなってます。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛やテレワーク、時差出勤によって混雑がバラけている影響だと考えられます。まぁ、それでも普段よりちょっといいくらいで遅いところはあるんですけどね。

昼:12時15分~25分ごろ

DOWN (Mbps) UP (Mbps) PING (ms)
IIJmio-D 0.98 7.01 89.6
y.u mobile 23.06 7.21 40.0
LINEモバイル-D 1.31 9.38 33.8
OCNモバイルONE 2.98 12.62 51.8
OCN(新) 22.46 10.52 35.0
BIGLOBE-D 1.77 8.35 32.4
NifMo 5.07 10.77 80.4
b-mobile-D 16.70 9.78 36.6
DTI SIM 2.44 6.53 43.6
nuroモバイル-D 7.48 7.40 73.2
mineo-D 2.11 9.86 77.2
UQ mobile 9.01 3.44 25.8
mineo-A 1.69 6.62 75.4
IIJmio-A 1.06 4.46 95.0
BIGLOBE-A 2.24 1.75 43.0
LINEモバイル-A 0.41 4.31 91.4
nuroモバイル-A 3.75 1.80 34.6
ワイモバイル 52.26 11.38 36.4
nuroモバイル-S 1.30 4.59 53.8
b-mobile-S 6.47 13.36 323.0
LINEモバイル-S 1.40 7.26 39.6
mineo-S 2.28 12.28 83.6

平日の昼は、一番速度が落ち込む時間帯です。
最近の新型コロナウイルスの影響による外出自粛やテレワークのためか、全体的に速度が上がっています。ただ、それもだんだん元に戻りつつありますね。

夕方:19時00分~10分ごろ

DOWN (Mbps) UP (Mbps) PING (ms)
IIJmio-D 27.36 8.17 48.6
y.u mobile 29.60 5.39 31.2
LINEモバイル-D 1.41 15.20 34.4
OCNモバイルONE 44.86 19.24 35.8
OCN(新) 31.44 10.18 30.8
BIGLOBE-D 5.92 12.20 30.4
NifMo 53.04 9.37 58.4
b-mobile-D 13.24 7.37 41.4
DTI SIM 15.27 6.79 36.0
nuroモバイル-D 24.68 14.60 31.8
mineo-D 25.46 14.44 50.4
UQ mobile 26.86 0.58 36.6
mineo-A 7.11 3.81 40.4
IIJmio-A 11.44 10.65 38.2
BIGLOBE-A 3.42 1.90 27.8
LINEモバイル-A 5.75 3.99 32.2
nuroモバイル-A 4.35 6.45 28.0
ワイモバイル 39.78 5.67 37.0
nuroモバイル-S 15.82 12.76 27.4
b-mobile-S 15.50 14.44 274.8
LINEモバイル-S 3.34 8.11 33.2
mineo-S 22.56 16.14 55.4

この時間帯も普段なら家に帰る人などが多く、やはり速度が出ません。とは言っても最近はどのSIMも十分な速度が出るようになってました。
外出自粛などの影響で、もはや混雑時間帯とは思えないくらいです。そのせいで逆に「それでも遅い」ところが目立ちますね。

時間帯別グラフ

なかなかカオスなことになってきました。以前ほど速いところと遅いところの差がなくなってきたというか、朝夕が速いところが増えたというか。

DOWN 8時 12時 18時
IIJmio-D 35.26 0.98 27.36
y.u mobile 35.00 23.06 29.60
LINEモバイル-D 1.97 1.31 1.41
OCNモバイルONE 22.74 2.98 44.86
OCN(新) 34.74 22.46 31.44
BIGLOBE-D 5.94 1.77 5.92
NifMo 55.54 5.07 53.04
b-mobile-D 36.52 16.70 13.24
DTI SIM 22.44 2.44 15.27
nuroモバイル-D 25.76 7.48 24.68
mineo-D 24.36 2.11 25.46
UQ mobile 37.24 9.01 26.86
mineo-A 25.10 1.69 7.11
IIJmio-A 11.34 1.06 11.44
BIGLOBE-A 4.99 2.24 3.42
LINEモバイル-A 10.51 0.41 5.75
nuroモバイル-A 5.42 3.75 4.35
ワイモバイル 47.82 52.26 39.78
nuroモバイル-S 22.76 1.30 15.82
b-mobile-S 29.66 6.47 15.50
LINEモバイル-S 3.38 1.40 3.34
mineo-S 43.62 2.28 22.56
左:DTI SIM(D) 中:nuroモバイル(A) 右:LINEモバイル(S)

もう1つ、5GMarkの結果をみてみましょう。

昼:5Gmark結果

POINT DOWN
(Mbps)
UP
(Mbps)
PING
(ms)
YouTube
(s)
WEB
(s)
IIJmio-D 1857 0.0 11.13 111 4.0
y.u mobile 10151 13.0 14.72 61 2.5
LINEモバイル-D 2048 1.1 13.18 48 6.0
OCNモバイルONE 886 0.0 10.81 95 5.1
OCN(新) 6040 8.3 8.63 104 4.2 3.6
BIGLOBE-D 754 0.9 3.73 40 3.8
NifMo 630 0.5 7.95 109 3.6
b-mobile-D 19612 30.1 7.81 76 2.0 2.2
DTI SIM 1355 0.1 4.65 49 3.3 1.8
nuroモバイル-D 1704 2.4 5.02 153 3.7
mineo-D 1630 0.0 12.92 96 5.5
UQ mobile 13215 19.9 3.87 67 3.4 1.1
mineo-A 782 0.0 5.24 90 3.3
IIJmio-A 1376 0.7 6.53 131 3.8
BIGLOBE-A 2573 3.0 3.37 45 6.0 2.2
LINEモバイル-A 195 0.0 2.72 103 3.5
nuroモバイル-A 3848 4.5 6.46 39 7.5 3.5
ワイモバイル 15600 22.3 6.91 53 2.6 1.3
nuroモバイル-S 489 0.0 3.48 74 3.7
b-mobile-S 1468 0.0 11.92 270 5.6
LINEモバイル-S 1148 0.2 7.69 44 5.8
mineo-S 1113 0.0 13.48 105 5.0

5Gmarkでは通常のスピードテストのほかにYouTube動画や各種ウェブサイトを読み込んでそれをポイントに反映させます。表中の「-」はタイムアウトで、時間内に読み込み完了できなかったことを示します。昼の時間帯にYouTube動画を読み込みできたドコモ系SIMは少なく、ここがポイントに大きく響いているようです。

なお、この5GMarkでもその値が絶対なわけではないので、適当に考えていたほうが良いとは思います。YouTubeが読み込めるかどうかでもだいぶポイント変わりそうですし。お昼のポイントが4桁に届けばちゃんと使える、500以下は使えたもんじゃない…くらいの感覚でいいでしょう。(3桁のポイント内での優劣は誤差のようなものです。あてにはなりません。)

今回はほとんどが4桁のポイントでした。まぁ千点台のところもありますが。普段との違いが大きすぎて混乱してしまいます。

左:nuroモバイル(D) 中:IIJmio(A) 右:LINEモバイル(S)

1000ポイント以上あればそう困ることはないと思います。そのラインがだいたいの基準と思ったほうがいいでしょう。

格安SIM速度ランキング 2020年5月その2

今回の測定結果をランキング化してみました。

1位 ワイモバイル 127.26 pt
2位 b-mobile-D 80.80 pt
3位 y.u mobile 75.66 pt
4位 OCN(新) 67.63 pt
5位 UQ mobile 67.49 pt
6位 NifMo 60.62 pt
7位 OCNモバイルONE 38.55 pt
8位 mineo-S 37.60 pt
9位 nuroモバイル-D 36.11 pt
10位 IIJmio-D 36.00 pt
11位 b-mobile-S 31.98 pt
12位 mineo-D 30.28 pt
13位 DTI SIM 24.01 pt
14位 nuroモバイル-S 21.57 pt
15位 mineo-A 19.36 pt
16位 nuroモバイル-A 16.34 pt
17位 IIJmio-A 15.20 pt
18位 BIGLOBE-A 11.59 pt
19位 BIGLOBE-D 9.20 pt
20位 LINEモバイル-A 8.94 pt
21位 LINEモバイル-D 7.10 pt
22位 LINEモバイル-S 7.05 pt

ポイントの算出方法は以下の通り。
 (朝の下り速度 ÷ 2) + (昼の下り速度) + (夜の下り速度 ÷ 2) + (4Gmarkのポイント ÷ 500) 
けっきょく昼の速度次第という計算ですが、実感とそれほど離れていないと思います。

なお、これはあくまで速度のみのランキングなので、それぞれの格安SIMにある速度以外の魅力も忘れないようにしてください。

MVNOそれぞれに対する所感

IIJmio

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
IIJmio-D 35.26 0.98 27.36 1857
IIJmio-A 11.34 1.06 11.44 1376

流石というかなんというか、昼だけ見るとほぼ通常に戻った感があります。前回と変わってないので、こおで安定させるのかもしれませんね。

y.umobile

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
y.u mobile 35.00 23.06 29.60 10151

前回5Gmarkで少し値が落ちたのですが、今回はまた良くなりました。通常ならそろそろ落ちてきてもいい頃ですが、まだまだ速いです。

LINEモバイル

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
LINEモバイル-D 1.97 1.31 1.41 2048
LINEモバイル-A 10.51 0.41 5.75 195
LINEモバイル-S 3.38 1.40 3.34 1148

LINEモバイルは先日よりネットワーク増強工事予定日を公開し始めました。それによると直近でドコモ・ソフトバンク回線は5月20日に、au回線は5月7日に増強しているようです。その効果は目に見えてませんね。今回のコロナの影響は最初からほとんど見られず、ずっと遅いままです。

OCNモバイルONE

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
OCNモバイルONE 22.74 2.98 44.86 886
OCN(新) 34.74 22.46 31.44 6040

あいかわらず新コースが速いOCNモバイルONEです。従来プランも、外出自粛の影響かしっかり使える速度になってます。

BIGLOBEモバイル

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
BIGLOBE-D 5.94 1.77 5.92 754
BIGLOBE-A 4.99 2.24 3.42 2573

BIGLOBEモバイルも普段に比べると速度出ているのですが、ほかの上昇っぷりに比べるといつもどおりに見えてしまいます。LINEモバイルはソフトバンクの、BIGLOBEモバイルはKDDIの傘下でその恩恵があってもおかしくないくらいなんですけどね。

NifMo

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
NifMo 55.54 5.07 53.04 630

この朝夕と昼の速度差が、格安SIMって感じですよね。昼を含め、今は使える速度になってます。ただ外出自粛などが終わった後どうなるか…。

b-mobile

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
b-mobile-D 36.52 16.7 13.24 19612
b-mobile-S 29.66 6.47 15.50 1468

b-mobileはもともと速かったので、普段とそう変わりがないようにも見えます。が、前回辺りからソフトバンク回線が落ちてきてるので、ちょっと今後に注目したいところです。

DTI SIM

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
DTI SIM 22.44 2.44 15.27 1355

DTI SIMは通常時でも速かったのですが、最近は昼の速度がだいぶ落ちてきました。いつもなら落ちてもすぐに復活するのですが、今回はどうなるか…。

nuroモバイル

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
nuroモバイル-D 25.76 7.48 24.68 1704
nuroモバイル-A 5.42 3.75 4.35 3848
nuroモバイル-S 22.76 1.30 15.82 489

全体的に悪くないです。いままではau回線が目立って悪かったのですが、今回はそれよりもソフトバンク回線が悪くなってます。まだ使える程度ではありますけどね。

mineo

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
mineo-D 24.36 2.11 25.46 1630
mineo-A 25.10 1.69 7.11 782
mineo-S 43.62 2.28 22.56 1113

mineoも全体的に速くなっています。3月23日から始まった「ゆずるね。」の効果があるのかいまいち判断しにくいですね。どうせ家にいるから使わないし、ゆずるね宣言しておくか、という人もいそうですよね。

ほかと違ってユーザーコミュニティをかなり重視している格安SIMです。ゆえにその施策から人を選ぶかもしれません。運営の動きにも要注目です。

UQ mobile

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
UQ mobile 37.24 9.01 26.86 13215

前回ちょっと落ち込んだのですが、今回はかなり復活しました。朝昼夜、いつ使っても快適です。
なお測定している我が家周辺がauの電波弱いようで、他サイトの結果に比べると若干落ちて見えます。au回線の中で1番のオススメであることは間違いありません。

ワイモバイル

DOWN 8時 12時 18時 5Gmark
ワイモバイル 47.82 52.26 39.78 15600

ワイモバイルもあいかわらず速いです。格安SIMのくくりにされがちですが、どちらかと言えばMNOですしね。
速さで選ぶなら、ワイモバイルはかなりいいと思ってます。現在の私のメイン回線もワイモバイルです。

色々見て判断を

この記事ではそれぞれの格安SIMの速度を比較していますが、格安SIMの選択の基準は速度だけではありません。なので今どれがオススメかと考えると、絶対にこれ!と言えるものはありません。個々人の使い方によるのではないかと思います。昼間使わなければ、速度がそこまで落ちることもないでしょうし。それよりも各MVNOの施策や機能を見たほうがいいかもしれません。速度比較はあくまで検討するための材料の1つです。

MVNOの速度はけっこう浮き沈みがあります。その時々で最新の速度測定結果は把握しておきたいですね。場所などでも変わるものなので、できれば1つの数字に一喜一憂せずに、複数の結果を眺めてなんとなくの各社の傾向を掴んでもらえばと思います。

当サイト以外でも定期的に計測しているサイトがありますので、そちらも参考にしてみてください。

また、こうしたブログ等での計測報告以外でも、独自アプリで自動速度計測して掲載しているサイトもあります。

こちらは毎日1時間ごと(お昼は15分ごと)に計測して公開しています。すごい!


orefolderでは今後も月2回程度で測定していきたいと思っています。

過去1年の速度測定記事は以下からどうぞ。

Random Posts

AQUOS R5Gを使って3ヶ月とちょっと、思ったこと・感じたこと
日本通信、新ブランド「日本通信SIM」合理的かけほプランを発表!3GB+かけ放題で月額2480円
au、Xperia XZ2 SOV37にAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
goo SimsellerがRedmi Note 9Sの限定カラーを9,800円~で8月17日発売!オプション等で1,800円~に!
月間アクセスランキング【2020年5月】
LRどっち?:ボタンタップして左右それぞれから音を出すだけのシンプルなアプリ
楽天モバイルが「楽天モバイルキャリア決済」を開始!でもこれまでのものとはちょっと違う!?
全世界のスマートフォン出荷台数は3四半期連続で減少、中国メーカーは中国国外で力強い成長軌道
Magic-Ben MAG1 レビュー:タッチパッドが意外と便利で使いやすい!違和感小さく使えるUMPC
Geekbuying 8周年アニバーサリーセール!人気スマホが最大15ドルオフのクーポン!
ドコモ、Xperia 1 SO-03LとXperia 5 SO-01MにAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
シャープ、AQUOS sense3 plus SH-M11にAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
30分以内なら無料!中国最大のモバイルバッテリーレンタル「PowerNow」が日本国内で本格的にサービス開始
RAVPowerのRP-UC11使用レビュー:サブに持っておきたい小型軽量のUSB充電器
シャープ、AQUOS sense3を発表!IGZO+4000mAhバッテリーで電池が1週間もつスタンダードモデル