KDDIがUQ mobile事業を承継!今後はauとともに2ブランドで提供へ

KDDIおよびUQコミュニケーションズは5月14日、UQコミュニケーションズのUQ mobile事業を会社分割により、2020年10月1日をもってKDDIが承継すると発表しました。

UQコミュニケーションズがUQ mobile事業を分割会社とし、それをKDDIが承継する吸収分割となり、会社分割の対価として355億円がKDDIからUQコミュニケーションズに支払われます。

今後は2ブランドを提供

KDDIは現在auブランドで通信サービスを提供していますが、UQ mobileが吸収消滅するわけではなく、2つのブランドとして今後も提供されるとのことです。ソフトバンクとワイモバイルの関係に似たものとなるのではないでしょうか。

UQ mobileはKDDIのMVNO事業推進を目的として作られた子会社「KDDIバリューイネイブラー」が2014年12月18日より開始したMVNOサービスで、2015年10月1日にUQコミュニケーションズがKDDIバリューイネイブラーを吸収合併し、そして2020年10月1日にKDDIに吸収されることなります。なんだかんだ元のところに戻ったような形ですね。

UQ mobileは2020年1月には累計契約数が200万を突破しました。そのユーザーが今後どうなるのか、何かしらの変更等あるのかは何も発表されていません。今後の動きにも要注目です。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧