アプリ

フルスクラッチ系ウォッチフェイスメーカーアプリ比較

数あるウォッチフェイスアプリの中でも、今回は特に、フルスクラッチでフェイスが作れるアプリに絞って比較/紹介します。

PCのデスクトップ然り、スマートフォンのホーム画面然り、スマートウォッチのフェイス然り、とにかく細かく作りこんで行くのが大好き!という人(私か)のお役に立てたら幸いです。


対象アプリ

下記方法で、比較対象とするアプリを決定しました。

  1. Google Playを”watch face maker“で検索し、上位10アプリを抽出 →下記リスト
  2. 上記アプリ群から、基本部品(フェイスの背景・アナログ時計の目盛/針・デジタル時計[*2])をフルスクラッチで作成可能なものを抽出(課金上限は300円) →下記リストの白いレコード
順位 アプリ名 インストール/★数 価格 フルスクラッチで作成可能?
1,2
(*1)
100万以上
3.7
無料
(Premiumは880円)
実質不可能
(画像読込みは有償の上、図形は四角/三角/円の塗りつぶしのみで枠線やエフェクトは有償のため、表現力不足)
3 10万以上
4.1
192円 可能
(図形や画像による部品作成が可能)
4 100万以上
4.0
無料
(VIPは310円/月)
可能
(画像による部品作成が可能)
5 100万以上
4.0
無料
(Plusが550円, Premiumは330円/月)
可能
(図形や画像による部品作成が可能)
6 50万以上
3.4
無料
(Proは$6.99/年)
実質不可能
(「デザイナチャレンジ」イベントで資格を得た上で、公開を前提に画像セットを提出する仕組み。玄人向け)
7 10万以上
4.5
無料
(Premiumは?円)
不可能
(定型フェイスにおける特定部品の色/インジケータ等が変更できるのみ)
8 10万以上
3.4
無料
(Premiumは499円)
可能
(図形や画像による部品作成が可能)
9 10万以上
4.1
無料
(Upgrade可?)
不可能
(定型フェイスにおける特定部品の色/フォント/インジケータ等が変更できるのみ)
10 10万以上
4.3
190円 不可能
(アナログ時計の針が自作できず、既定部品の色/太さ等が変更できるのみ)

アプリ比較

各アプリのファイスエディタが提供する、基本部品の静的/動的表現手段の充実度を軸に(*3)、比較/評価しました。

右上に行くほど、表現手段の選択肢が広がりますが、その分エディタの理解にコストがかかります。やりたいことに見合ったアプリを選ぶのがベター。
画像にプリセットの標準的な動作をさせるだけなら左下、カスタムスクリプトが使いたいなら真ん中、図形+エフェクトを組合せて作成したグループ要素にカスタムスクリプトを定義したいなら右上、となります。

アプリ紹介

各アプリのエディタを紹介します。

MR TIME

エディタ

ウィザード調(左図の「背景」「インデックス」「針」…と右方向に定義していく)かつ日本語表記のため、操作は容易。
※保存したフェイスが再編集できないのは私だけ?

基本部品の静的表現手段

画像のみで、図形/エフェクトは使えない。画像は、豊富なプリセットと、自作画像が使用可能。

基本部品の動的表現手段

プリセット(アナログ時計の時/分/秒針)のみで、カスタムスクリプトは使えない。

インジケータ部品

プリセットのみで、自作部品は使えない。プリセットは、サブダイヤル(曜日/ムーンフェイス等、天気、ヘルスケア、バッテリー等(右下図)。
Google playMR TIME – 無料ウォッチフェイスメーカー
MR TIME - 無料ウォッチフェイスメーカー
制作: MR TIME
価格: 無料

ダウンロード

Watchface Builder

エディタ

フェイス上のすべての部品要素をフラットなレイヤーで管理(中上図)。エディタ上で多くの要素を扱わないなら、シンプルで理解しやすい。

基本部品の静的表現手段

画像とエフェクトなしの図形が使える。画像は、極僅かなプリセットと、自作画像が使用可能。図形は、形/塗り種類が限定的で、図形だけで部品を作るには表現力不足(中下図の「Shape type」)。

基本部品の動的表現手段

プリセットとカスタムスクリプトが使える(右下図の「Rotation」の値)。スクリプトはレイヤー単位で定義(複数レイヤーの座標をまとめて変更する等はできない)。

インジケータ部品

プリセットはなく、画像/図形にカスタムスクリプトを定義した自作部品が使える。
Google playWatchface Builder For Wear OS (Android Wear)
Watchface Builder For Wear OS (Android Wear)
制作: Wearable Software
価格: 無料

ダウンロード

Facer

エディタ

珍しくも美麗なPCのブラウザアプリ。左ペインで編集対象レイヤーを選択し、下/右ペインでレイヤーの実体/属性を定義する(例えば中上図)。ブラウザの翻訳機能でメニューが日本語化できるのが便利。
難点は、レイヤーが増えると非常に重くなること(上記例のロードに30秒かかった by Onemix3+)。

基本部品の静的表現手段

画像とエフェクト付き図形が使える。画像は、豊富なプリセットと自作画像が使用可能。エフェクト付き図形は、形/塗り/エフェクト種類が限定的で、図形だけで部品を作るには表現力不足(中下図、「脳卒中」はStrokeの誤訳)。

基本部品の動的表現手段

プリセットとカスタムスクリプトが使える(右下図の右上の値)。スクリプトはレイヤー単位で定義(複数レイヤーの座標をまとめて変更する等はできない)。

インジケータ部品

プリセットと、画像/図形にカスタムスクリプトを定義した自作部品が使える。プリセットは、天気、センサー(標高/コンパス等)、デバイス(バッテリー/Wifi等)、カスタムコンプリケーション等。
Google playFacer文字盤Android Wear
Facer文字盤Android Wear
制作: Little Labs, Inc.
価格: 無料

ダウンロード

Pujie Black

エディタ

➀既定の部品構造に作成済部品/要素群を割当てる画面(左図の「Analog Clock」「Digital Clock」「Background」等に割当てる) ➁部品/要素群を作成する画面(中上/右上図) を持つ。➁では高度なベクトル編集が可能で、アナログ時計の針/目盛等の金属的な部品は画像を使わずに作れる。GUIはわかりやすいものの、➁が高度な分、使いこなすのに根性が必要。

基本部品の静的表現手段

画像とエフェクト付き図形が使える。画像は、自作画像が使用可能。エフェクト付き図形は、豊富なプリセットと、➁で作成したベクトル図形が使用可能。

基本部品の動的表現手段

プリセットとカスタムスクリプトが使える(中下図)。スクリプトはレイヤー/グループの両単位に定義可能。

インジケータ部品

プリセットと、画像/図形にカスタムスクリプトを定義した自作部品が使える。プリセットは、カレンダー、フィットネス、天気、バッテリー等。
Google playWatch Face – Pujie Black – Wear OS & Galaxy Watch
Watch Face - Pujie Black - Wear OS & Galaxy Watch
制作: Pujie
価格: 192円 (2020/5/6時点)

ダウンロード

まとめ

気になるアプリはありましたか?
各アプリのエディタの特徴を踏まえ、Yes/Noチャートを作ってみたので、参考にしてください。

注釈

  1. ^WatchMakerは、1位が無料版で、2位がPremium版。
  2. ^デジタル時計は、表示位置/フォント/サイズ/色/フォーマットが選択できればよいとした。
  3. ^動的表現手段の充実度をカスタムスクリプトの種類(関数/属性や式の多様性)で測らなかったのは、作品例から、どのアプリも同等/一定以上と判断したため。