GarminのウェアラブルデバイスでSuicaが利用可能に!2020年5月下旬以降に開始予定

JR東日本とGarminは4月15日、Garminの新しいウェアラブルデバイスでJR東日本のSuicaの発行やチャージなどを利用できるようにすると発表しました。スマホを取り出さなくても手首に装着したGarminデバイスで簡単に支払いできるようになります。
開始は2020年5月下旬以降を予定。

GarminのデバイスでSuica

GarminではすでにGarmin PayというNFC非接触決済に対応したデバイスがありますが、一部はさらにSuicaにも対応することになります。(Garmin Pay対応機種がすべてSuicaにも対応するということではありません。)

スマホをペアリングし、Garmin Connect Mobileアプリから操作することでGarminのウェアラブルデバイスにSuicaを発行したりチャージすることができるようになります。残額表示や前日分までの履歴表示といったことも可能。

対応機種は税別28,000円のvívomove 3/3Sから税別130,000円のfēnix 6X Pro Dual Powerまで12機種が5月下旬よりソフトウェア更新によって対応開始され、その後も対応デバイスは増えていく予定です。

(※記事公開当初、5月下旬より「発売」開始としていましたが、現在発表されてる対応機種はすべてすでに発売されてるものでした。)

(1) 開始時期

  • 2020年5月下旬以降

(2) 主なサービス内容

  • ウェアラブルデバイスにSuicaを発行し、鉄道・バス・お買いものなどで簡単にお支払い
  • Googleアカウントに登録されているクレジットカードからのGoogle Payによる入金(チャージ)
  • JRE POINTのWEBサイトへの登録でJRE POINTが貯まる
  • 残額表示や前日分までの履歴表示

(3) 対象ウェアラブルデバイス(2020年4月15日時点)

  • Approach S62シリーズ
  • fenix 6X シリーズ
  • fenix 6X Pro Dual Powerシリーズ
  • fenix 6Sシリーズ
  • fenix 6 シリーズ
  • Legacyシリーズ
  • Venuシリーズ
  • vivoactive 4/4Sシリーズ
  • vivomove 3/3Sシリーズ
  • vivomove Style/Luxeシリーズ

その他、詳しくはGarminのサイトをご覧ください。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧