スマホの使い方

仕事場ではマナーモード、自宅では鳴らす、Pixelシリーズの「ルール」で自動化

先日のPixel端末の機能追加「feature drop」と一緒か少し前から、Pixel 3やPixel 3a、Pixel 4の設定に「ルール」というものが加わってます。(もっと前からあった人もいたようです。)

これは指定したWi-Fiネットワークや場所に入った時に、自動でマナーモードにしたり、逆に音を鳴らすように設定できる機能です。そういった事ができるアプリはこれまでもありましたが、端末の機能として組み込まれました。

ルールの設定

「ルール」は、設定のシステム詳細設定の中にあります。そんなに頻繁に見るところでもないので気づいてなかった人も多いでしょう。

「ルール」の設定にはいると、まずこの機能にバックグラウンドでの動作を許可するように求められます。実際、位置情報など使ってバックグラウンドで自動で設定変更する機能ですからね。画面の案内に従って許可しましょう。

いったん許可したものを取り消したい場合は設定アプリと通知からできます。

準備ができたので「ルールの追加」をタップして設定しましょう。

「ルール」でできるのは、「Wi-Fiか場所」を条件(トリガー)にしてスマーフォンのマナーモードや音の設定を変更するということです。

Wi-Fiの場合は、今まで接続したことがあるものなどが表示されます。今掴んでるWi-Fiだけじゃないので、家にいながら会社のWi-Fiを使って設定もできます。

場所の場合は住所で指定します。郵便番号でも大丈夫ですが、表示された地図を動かして細かく調整することはできません。なのでなるべく正確な住所のほうがいいです。その地点を中心に半径80mから738mで設定できます。

設定できるのは以下の4つのうち1つです。

  • マナーモードをONにする
  • スマートフォンをサイレントに設定
  • スマートフォンをバイブレーションに設定
  • スマートフォンを着信音に設定

場所を仕事場や最寄り駅に設定してマナーモードをONしたり、家のWi-Fiにつながったら着信音に設定(マナーモードの解除)するようにすれば、便利そうです。

「ルールが有効になったら通知を送信」にチェックを入れておくと、実際にマナーモードになったときなどに上の画像のような通知が届きます。

まとめ:今後に期待

正直、できることがマナーモード関係のみなので、今ひとつといったところです。便利なことは便利なんですがもう少しできることが増えてほしいです。

条件に関しても、設定した場所に入った時だけでなく、逆に範囲から出た時にというのもトリガーに出るともっと活用の幅が上がるのではないでしょうか。

とりあえず現在はPixel 3 / 3a / 4で利用できる機能です。もう少し機能が増えて、Android標準の機能として組み込まれると嬉しいですね。とはいえ今のままでも十分有用ですので、ぜひ活用してみてください。

Random Posts

UQ mobile、Try UQ mobileの貸出機種にHUAWEI nova lite 3を追加
ドコモ、M Z-01KにAndroid 8.1 OreoへのOSアップデートを配信開始
Google純正スマホPixel 4a 5G ファーストインプレッション
Nova Launcherを7年近く使ってる私の設定(2019年12月版)
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2020【回答募集】
増税前最後のセール!?GoogleストアにてPixel 3 / 3 XLが35%引き!ほかにもGoogle Wifi が5000円引きなど
Spigen、Google Pixel 4 / 4 XL用ケースを発売!発表記念で20%オフ
CHUWI「UBook Pro」+「HiPen H5」で素晴らしい手書き体験を! 中国旅行が当たるキャンペーン開催
Yukari for Android:公式クライアントから移行しても違和感無く使えるTwitterクライアント
Geekbuying、最大80%オフのスマートデバイスセール!スマホやノートPC、スマート家電など
アプリセール情報:Apex Launcher Proが110円のセール開催中-ほか無料セール中のアイコンパックなど
Activity Bubbles:スマホを操作した時間がバブルとなって積み重なっていくライブ壁紙
ドコモオンラインショップが10周年キャンペーン!購入なし誰でも参加OKの抽選含め4つのプレセント!
まとい【ホーム画面コンテスト2020】
PayPay、支払額の一部または全額を還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」を12/4より開催!