MVNO/SIM

IIJmio、eSIMの正式サービスを3月19日より提供開始!基本料金月額150円、データ1GB300円から

インターネットイニシアティブは、eSIMサービスの正式サービスとなる「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」を3月19日より提供開始すると発表しました。IIJmio Webサイトでの手続のほか、ビックカメラ/ソフマップ/コジマ店頭で専用パッケージを購入して申し込みもできます。

基本料金は月額150円ですがデータ量はゼロで、使うときにはデータ量(クーポン)を購入して利用します。クーポンは毎月最初の1GBが300円、2GB目からは450円です。

eSIMサービスの正式版

eSIMは、物理的なSIMカードを抜き差しせずに、通信サービスの利用に必要なプロファイルを遠隔で書き込める組み込み型のSIMです。従来のSIMカードを挿入することなく、eSIM搭載のスマホやタブレットにプロファイルをダウンロードすることで通信キャリアを切り替えます。

利用できる端末は限られており、AndroidスマートフォンでIIJみおが動作確認しているのは現在Google Pixel 4、Pixel 4XLの2台のみです。ほかにはRakuten MiniもeSIM対応ですが、こちらは動作確認機種には入っていません。

IIJmioでは2019年7月18日よりベータ版としてeSIMサービスを展開しており、今回はそれの正式版となります。とは言ってもプランの内容などは大きく異なり、またベータ版からのプラン変更も不可(一度解約して契約し直し)となります。

IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ

IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロはその名の通り基本のデータ量は「ゼロ」です。よくある格安SIMのようにデータ量がゼロのときは低速通信になるのではなく、利用不可になります。

データ量は必要な時に追加クーポンとして1GB単位で購入します。毎月最初の1GBは300円、2回目以降は450円(合計10GBまで)なので、基本料金150円と合わせて実質1GBで月額450円となります。データ繰り越しは無く、購入したデータ量は当月末までの有効期限となります。

料金

初期費用 3,000円
月額利用料 150円
SIM発行手数料 200円
SIM再発行手数料 0円
ユニバーサルサービス料 なし

データ通信

バンドルクーポン(高速データ通信量) 0GB
データ通信量の追加 可(1GB単位)
eSIM専用
データ(クーポン)料金
毎月1枚目(1GB) 300円
2枚目以降(2GB~) 450円
eSIM専用データ(クーポン)有効期限 当月末まで(翌月繰越はできません)
データ通信量超過後 通信不可

そのほか、最低利用期間は契約日から翌月末まで(最大2ヵ月)、利用可能なオプションは「モバイルオプション」(セキュリティ対策や留守番電話などのアプリ群)となります。詳しくはIIJmioのサービス紹介のページをご覧ください。

【動作確認済端末(2020年3月17日現在)】

  • Apple iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • Apple 11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)、iPad Air(第3世代)、iPad mini(第5世代)、iPad(第7世代)
  • Google Pixel 4、Pixel 4 XL
  • Microsoft Surface Pro LTE Advanced、Surface Pro X
  • ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE、T103HAF-GR079LTE
  • ※Apple Watch Series 3/Series 4 (GPS + Cellularモデル)では動作しません。
  • ※SIMフリー端末でご利用いただけます。キャリア端末でご利用いただく場合は、SIMロックの解除が必要です。

ベータ版はサービス継続

現在提供されている「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」のサービスについては、そのまま継続されます。またベータ版においても、2020年3月19日より、SIM再発行手数料が2,000円から0円に改定されます。これで別端末に移すのも気軽にできるようになりました。

ただし、先にも書いたとおり、ベータ版から正式版へのプラン変更はできません。eSIM データプラン ゼロを契約し、eSIMプラン(ベータ版)の解約手続きを行う必要があります。


1GBで450円の回線と考えればなかなか安くていいですね。まったく使わなければ150円なので、予備回線としてとりあえず維持しておくのにもいいかもしれませんね。ベータ版は月額1,520円(6GB)なので、たくさん使う人にはそちらのほうがいいでしょうが、私はあまり使ってないので正式版を契約し直そうと思います。

参考情報

Random Posts

au、5G対応スマホ7機種を発表!キャリア初のXiaomi端末やau限定のOPPO Find X2 Pro、ZTE a1など!
ソフトバンク、2019年夏商戦向け新商品としてXperia 1などスマホ4機種を含めた7機種を発表
Playストアがボトムタブを採用した新しいデザインをテスト中
RAM6GB/ROM128GBで$150のコスパ最強スマホ「Vargo VX3」がなんか凄え!!
LINEモバイルがサービス変更で「初月無料」「月額料金1%分のLINEポイント付与」などを終了へ
LG G8X ThinQが一括55,440円で予約受付開始!ディスプレイ付き専用ケースで2画面になるスマホ
BCNランキング SIMフリースマホ実売台数TOP10 (10/14~10/20) OPPO Reno Aがトップを奪取!
AWA、Androidユーザー限定で無料トライアル1ヶ月+初月100円キャンペーンを開始!
Mi Note 10 Liteが21,800円、Redmi Note 9Sが10,900円!OCN モバイル ONEにて販売開始!
One Mix 2Sにスペック向上した新しいPlatinumバージョンが登場!クーポンあり
48MPカメラ搭載 UMIDIGI S3 Pro が公式発表!スペックとプレゼントキャンペーン、Indiegogoで269ドルから
エントリーパッケージと紹介URLを使って、お得にmineo始めよう
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年8月 その2 LINEモバイルやnuroモバイルが微妙に改善傾向
LG style3をドコモオンラインショップで購入するとAmazonギフト券3,000円分もらえる!
ピエールちえほんが思う「Xperia 1」が魅力的に感じる理由