端末

トーンモバイル、AIが不適切画像を規制し子供の自画撮り被害を防ぐスマホ「TONE e20」を2/20発売

トーンモバイルは2月14日、AI機能/基礎性能が大幅に向上した家族3世代スマホ「TONE e20」を2月20日より19,800円(税別)で発売すると発表しました。AIが不適切画像を規制し、子供の自画撮り被害を防ぐ「TONEカメラ」を搭載します。

TONE e20

TONE e20は6.25インチのディスプレイを持ち、SoCはHelio P22で4GBのRAMと64GBのストレージ、3,900mAhのバッテリーを搭載します。カメラは広角レンズが加わってトリプルカメラとなっています。

面白い機能として、搭載されている『TONEカメラ』では自画撮り被害の抑止を目的として、裸やそれに近い服装など、撮影時にAIが不適切な画像と判定した場合には、シャッターを切る、もしくは動画を撮影していても、画像及び動画が本体及び各種クラウドサービスには保存されなくなります。

「TONE見守り」と連携しているため、「TONEカメラ」で不適切と判定された撮影があった場合には、保護者にフィルターのかかった画像と位置情報とともに通知が送られます。

この機能はデバイス内のAI技術で処理されているので、そのデータが外部に送信されることはなく、プライバシーは守られます。


トーンモバイルは子どもやファミリーをターゲットとしたスマートフォンやサービスを展開しています。子どものいる家庭では選択肢として十分に考えられるのではないでしょうか。

参考情報