顔認証も早くなる!Pixel 4でMotion Sense機能が日本でも提供開始!

Google Japanは2月4日、Pixel 4においてスマートフォン本体に触れることなくジェスチャーだけで操作ができる「Motion Sense」機能、そして日々のタスク処理がより素早くなる新しい「Googleアシスタント」が使えるようになったと案内しました。どちらも端末を最新版にアップデートした後、順次利用可能になります。

Motion Sense

Motion Sense機能は、端末の周囲の動きを検知する小型のレーダー技術「Soli」を活用した機能です。発売当初は日本では法的なものから利用不可だったようですが、いよいよ解放となります。

端末に向かってユーザーの手が近づくのを検知して画面をアクティブにしたり、端末から離れた際に画面をオフにしたりすることができるようになるほか、端末に触れることなく手のジェスチャーだけで、音楽の曲送り、アラームのスヌーズ、電話の着信音をサイレントにすることができます。

音楽の曲送りなどはそれほど役に立つとも思えないのですが、このMotion Senseは顔認証にも使われるそうです。

通常は顔認証を使うときには、端末を持ち上げて、カメラに顔を向け、ロックが解除されます。これがMotion Senseを活用した場合は、まず端末に手を伸ばした段階で顔認証解除センサーがオンになります。そして顔認証のセンサーとアルゴリズムが所有者を認識すると、端末を持ち上げるのとほぼ同時にロックが解除されます。つまり、これまでは画面が点灯してから顔認証によるロック解除までの時間がありましたが、それがほぼ無くなるということです。

新しいGoogleアシスタント

Googleアシスタントも、以前予告されていたような新しいものに変わります。
アプリやウェブサイトの立ち上げ、端末の設定操作などがより高速になり、アラームの設定、YouTube やカレンダーなどの様々なアプリの起動、音量の設定や Wi-Fi のオンオフなどの設定操作などを、音声でより素早くこなせます。

これまではGoogleアシスタントへのリクエストをすべてクラウドで行っていたのですが、この新しいGoogleアシスタントでは一部をスマートフォン上(オンデバイス)で処理するようになっています。これにより高速な処理が可能となっています。


これらのアップデートは2020年2月4日より順次提供開始となっています。手元のPixel 4はアップデートはありましたがこの2つの機能についてはまだ解放されていません。(40MBほどの小さなものだったので今回の記事のものとは違うアップデートかもしれません。)

そのうち使えるようになると思いますが、楽しみですね。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧