端末アップデート

ドコモ、Galaxy Note10+ SC-01MにAndroid 10へのOSアップデートを配信開始

NTTドコモは2月3日、同社から販売されている「Galaxy Note10+ SC-01M」「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M」においてAndroid 10へのOSバージョンアップを含む製品アップデートを配信開始しました。

設定ソフトウェア更新と選択し、画面の案内に従ってアップデートできます。

Android 10へのOSアップデート

アップデート方法 更新時間
端末本体(Wi-Fi) 約49分
パソコン 約110分

主なアップデート内容

ダークテーマ
ダークテーマを設定することで、うす暗いところでも見やすくなるので、目の負担が軽減できます。また、スマートフォンの電池の消費を減らすことができます。
ジェスチャーナビゲーション
画面の端からスワイプすることで「戻る」「最近使用したアプリ」などのさまざまな操作に素早くアクセスできるようになりました。
位置情報に関する強化
アプリの位置情報に関するユーザー許諾に「アプリが使用中の場合のみ許可」の選択肢が追加され、アプリが位置情報を利用するのを詳細に制御できるようになります。
画面をONにする度に、ロック画面の画像を変更できる機能へ任意の画像設定が可能に
画面をONにする度に、ロック画面の画像を変更できる機能に自分で撮影した任意の画像が設定可能になりました。

改善される事象

  • ロック画面からカメラを起動した際に正常に表示されない場合があります。
  • セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2020年1月になります。)

ソフトウェアバージョン

Galaxy Note10+ SC-01M
過去ビルド番号:PPR1.180610.011.SC01MOMU1ASI4、PPR1.180610.011.SC01MOMU1ASK3
最新ビルド番号:QP1A.190711.020.SC01MOMU1BTA5

Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M
過去ビルド番号:PPR1.180610.011.SC01MOMU1ASK9
最新ビルド番号:QP1A.190711.020.SC01MOMU1BTA5

参考情報