ゲーム

PictoMaze:ドット絵から迷路を作り出す独特の雰囲気の知育系ゲームアプリ

PictoMazeはドット絵から迷路を作り出すゲームアプリです。迷路と言ってもごく簡単なものでゲームと言うよりは知育系アプリに属するのだと思います。

自分が描いたドット絵が迷路に変化するのは面白い体験ですよ。

PictoMaze - 迷路
Takuya Nakamura

アプリを起動すると、最初から用意されてる迷路がズラッと並びます。下の方にスクロールするともっと複雑なものもありますが、これらは課金要素(240円)となっています。

1つ選んで迷路をやってみましょう。

基本的なルールは「黒い矢印を導いて白い迷路の先、矢印の地点まで運ぶとクリア」というものです。

黒矢印は自動で進んで分岐のあるところで止まります。向かわせたい分岐の方向をタップすると、そちらに進みます。

見事ゴールまでたどり着くと、迷路に色がついて絵のようになります。これはフラミンゴですかね。色が塗られる前からなんとなくわかりますが、こうして浮かび上がってくるのは子どもは喜びそうです。

迷路はどれも単純なものですが、遊ぶたびにパターンが変わるので何度でも遊べそうです。

自分でドット絵を作成

このアプリでは、自分でドット絵を描いてそれを迷路にすることもできます。1う1つドットを打っていくのはなかなか大変ですが、面白いですよ。

できた迷路はすぐに遊んでみることができます。

作った迷路はURLにして他の人に渡すこともできます。URLを受け取ったら、それをブラウザで開くだけで迷路が遊べます。遊んでみてくださいね。↓
https://pictomaze.com/4159504407044450

単純すぎても複雑でも、迷路が完成したときによくわからないものになってしまいます。(離れて見るとわかりやすいかも。)なかなか難しいですね。

知育系アプリとして良さそう

大人からしてみれば迷路が単純すぎるのですが、子ども視点ならちょうどいいのかもしれません。ゴールした後にその迷路が絵として浮かび上がるのも喜びそうです。

ただ、最初にアプリを開いたときになんの説明もないので(だから言語を問わず遊べるというのはあるのですが)どうしたらいいのかわかりにくい点もあります。初めての起動時はチュートリアルが出てくると親切かな、とも思います。

Random Posts

goo Simseller、中古スマホのキズや汚れが理由で返品できる「やっぱり見た目が大事キャンペーン」開始
トリプルカメラのUMIDIGI A5 Proが無敵の99.99ドル!UMIDIGIファンフェスティバルを開始!
Pixel 4a 画面保護フィルム PDA工房ペーパーライク レビュー:ざらざらな質感はいいがカラーノイズが目立つ
UMIDIGI Xにアップデート配信!指紋認証の調整やカメラの最適化
ワイモバイル、口座振替で請求金額が3,000円未満の場合は翌月に合算で引き落とす新運用を開始
Xiaomiのロボット掃除機はいかが?GeekbuyingのBlack Friday Home Gearセール
10代・20代女性「片手に収まる小型サイズが良い」が4割【MMD研究所調査】
AmazonにてHUAWEI PREMIUM SALE WEEK開催中!日替わりでファーウェイ製品が「本日の特選タイムセール」に登場
Googleが新製品発表とみられるイベントを9月30日深夜に開催と予告!
アプリセール情報:人気の音ゲー『Cytus II』が初音ミクコラボで無料セール!
北斎【ホーム画面コンテスト2020】
Pixel 3a レビュー:「私の理想のミドルレンジ」を問いかける、優秀だけど足りないものもあるスマホ
Googleマップで自転車ルートのナビが利用可能に!10都道府県で対応
Banggood割引クーポン情報:3インチのミニサイズスマホSOYES XSが79.69ドル、Xiaomi Mi CC9が299.63ドル!
楽天モバイル(eSIM)がようやく開通!eSIMの設定は思った以上に簡単だった