調査・データ

メインで使ってるスマホシェア、Androidが57.2%!メーカー別はソニーモバイルが18.4%【MMD研究所調査】

MMD研究所は12月12日、「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」を実施し、その結果を公開しました。この調査は15歳~69歳の男女9,753人を対象に2019年11月14日~11月18日の期間で行われました。

今回のポイント
  • メイン利用のスマホはAndroid 57.2%、iPhone 42.8%
  • メーカー別ではApple 42.8%、ソニーモバイル 18.4%、シャープ 12.6%
  • OSの乗り換えはほとんど考えられてない

メイン利用のスマホはAndroid 57.2%、iPhone 42.8%

メインで使用してるスマートフォンを尋ねた質問では、Androidが57.2%、iPhoneは42.8%となりました。

1年と少し前の「2018年8月 モバイルデバイスシェア調査」におけるスマートフォン利用者のみを再集計した結果と比較すると、Androidは3.9ポイント増、iPhoneは3.9ポイント減となっています。

日本ではiPhoneの普及率が高いと言われていますが、少しずつ減少しているようです。ただこれは年代での差もかなり大きいようです。

年代や性別で分けて見ると、男性は40台を頂点とする山のようになっており、女性も似たようなものですが段差が激しいように見えます。全体的に見ると女性の方がiPhone比率は高いでしょうか。

メーカー別ではApple 42.8%、ソニーモバイル 18.4%、シャープ 12.1%

メーカー別で見るとiPhoneが42.8%で圧倒的で、Androidの中ではソニーモバイル(Xperia)が18.4%、ついでシャープが12.6%、サムスンが8.3%と続きます。2018年との比較で見ると、Androidでは富士通のみがポイントを下げています。

最近はファーウェイなどもよく売れているような印象もあるのですが、メインで使用してるスマホメーカーの上位6社には入っていないのは興味深いです。

OSの乗り換えはほとんど考えられてない

次回機種変更をするときにiPhoneとAndroidのどちらのスマートフォンにする予定かを聞いたところ、どちらもほとんどがそのままだと答えました。iPhoneからAndroidへの乗り換えを考えているのはわずか1.6%、AndroidからiPhoneの乗り換えを考えているのは5.1%でした。「わからない」も含め、Android利用者のほうが揺れているようです。もともと選択肢が多いですからね。

機種変更時の予定を見るとiPhone利用者が増えていくようにも思えますが、この1年では逆にiPhone利用率が減っています。また1年後にこの数字がどう変化していくのか、要注目です。

参考情報

Random Posts

ワイモバイル、Android One X4にAndroid 10へのOSアップデートを配信開始
Google、Pixel 4 / Pixel 4 XLを発表!さらにエグい性能のカメラやモーションセンスなどを搭載して799ドルから
Androidスマホでアプリを使わずにアイコンの形を変更する方法
ソニー、SIMフリーミッドレンジ Xperia 8 Lite を9月1日発売!nuroモバイルなどで3万円台
Pixel 5の発送が開始!無事、発売日に届きそうです
イオンモバイル、3ヶ月1130円引きとなる「イオンモバイル冬トクキャンペーン」開催
Geekbuyingにてブラックフライデーのプレセール開催!PayPal支払いで最大15%オフ
ソフトバンク、2019年夏商戦向け新商品としてXperia 1などスマホ4機種を含めた7機種を発表
LINEモバイル、最大10,000円相当もらえる!夏のWプレゼントキャンペーン!OPPO・HUAWEI在庫一掃セールも
楽天モバイル、楽天スーパーSALEにて9機種が最大約76%オフ!Reno 10x Zoomが2万円引きの83274円!
OCN モバイル ONE 新コースを2ヶ月使っての評価:満足なところと注意するところ
Cubot X30、発売記念価格6GB+128GBで$148.99、8GB+256GBで$178.99!7月27日販売開始!【PR】
Amazon新生活セールにてXiaomi Mi Note 10が49,490円、Xiaomi Mi Note 10 Proが57,029円
コンパクトながら61Wまで!GaN (窒化ガリウム) 採用充電器「RAVPower RP-PC112」レビュー!MacBook Proも充電可能
Twitter公式アプリがダークモードを利用可能に!暗いDimと真っ黒なLights outの2種類