端末

AQUOS zero2、発売を前に軽量化に成功!世界最軽量をさらに更新し約141gを達成!

シャープが2020年1月に各キャリアから発売予定のゲーム系フラッグシップモデル「AQUOS zero2」が、発売を前に更なる軽量化を成し遂げました。9月の発表時には143gとされていましたが、それから2g軽量化して最終的に141gです。

AQUOS zero2

AQUOS zero2はSoCにSnapdragon855を搭載し、RAMは8GBで内蔵ストレージは256GBと高い性能を持つハイスペックモデルです。さらに4倍速の高速表示を実現した新開発の有機ELディスプレイを搭載します。9月の発表時にも143gの超軽量を謳っていましたが、部品の見直しなどによりさらなる軽量化に成功し141gとなりました。

141gという数値は「画面サイズ6インチ以上で、電池容量が3,000mAh(公称値)を超える防水(IPX5以上)対応のスマートフォンにおいて」世界最軽量となります。(シャープ調べ。)前作AQUOS zeroの146gから、さらに約5gの軽量化です。

AQUOS zero2はドコモ・au・ソフトバンクから2020年1月下旬発売予定。

OS Android 10
CPU Snapdragon 855
RAM 8GB
ストレージ 256GB
ディスプレイ 約6.4インチフルHD+(2,340×1,080ドット)有機EL
カメラ 背面:標準1,220万画素+広角2,010万画素
前面:800万画素
バッテリー 3,130mAh
サイズ 約158 × 74 × 8.8 mm
重量 143g141g

参考情報

Random Posts