DTIがトーンモバイルの全事業を会社分割により承継!再びDTIにサービスを統合

フリービットは10月17日、子会社であるドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の子会社であるトーンモバイルの全事業を会社分割(吸収分割)により承継すると発表しました。

2019年12月1日付でトーンモバイルのMVNO事業はDTIに移管されることになります。

トーンモバイルの事業がDTIに承継

トーンモバイルのサービスは、2013年にDTIのモバイル通信サービスとしてサービスを開始し、2015年にCCCと資本・業務提携契約してトーンモバイル株式会社(持ち株比率はCCCが60%、フリービットが40%)としてTONE MOBILEを運営、「TSUTAYAのスマホ」としても認知されてきました。

今回の会社分割によりフリービットはCCCとの業務提携も解消します。ただし解消後も、TSUTAYA店舗/カメラのキタムラ店舗およびTポイントサービスに関しては当面の間変わらず利用できるとのことです。現在の利用者についても、特に何か変更が必要ということもないようです。

もともとDTIのサービスの1つだったものが、CCCとの合併会社を経て再びDTIに戻るということで、これまでにあったFREETELやDMMモバイルが楽天モバイルに承継されたものとは少し違います(TONEモバイル自体は黒字だったようです)が、今後のトーンモバイルやDTI SIMの動きに注目です。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧