キャリア

ドコモ、FOMAおよびiモードを2026年3月31日にサービス終了へ

NTTドコモは第3世代移動通信方式の「FOMA」および携帯電話からインターネットやメールを利用できるサービス「iモード」を、2026年3月31日(火曜)に終了すると発表しました。それぞれ新規受付に関しては既に2019年9月30日に終了しています。

「FOMA」「iモード」が2026年3月31日にサービス終了

「FOMA」は、2001年10月に世界に先駆けて第3世代移動通信サービスを開始し、2001年当時は384kbpsの通信で、それまでより大容量な動画やゲームなどを楽しめるとされていました。2011年には約5700万契約あったとのことです。

「iモード」は1999年2月にサービスを開始し、携帯電話から9600bps(1999年当時)の通信速度でインターネットを楽しむことや、電子メールの送受信ができる機能がありました。2010年7月には約4900万契約を突破しました。

現在は4G(第4世代通信方式)が中心となっており、今後は5G(第5世代移動通信方式)に経営資源を集中するためサービスを終了するとのことです。

「FOMA」の音声プランおよび「iモード」は、2019年9月30日に新規受付を終了しており、「FOMAデータプラン」・「ユビキタスプラン」は2020年3月31日(火曜)をもって新規受付が終了します。

参考情報

Random Posts